ルノー、「ルーテシア」のスポーティモデルを発売

1999.07.27 自動車ニュース
 
 
990727_048.gif

ルノー、「ルーテシア」のスポーティモデルを発売(7/27)

フランスモーターズは、「ルノールーテシア」にスポーティグレード「16V」を追加し、7月22日より予約受付けを開始した。価格は219.0万円だ。

「ルーテシア16V」は、アルミニウム製ボンネットや専用セッティングを施した前後サスペンションが装備された、スポーティなモデルである。エンジンは新開発の1598cc直4DOHCで、最高出力110ps/5750rpm、最大トルク15.4kgm/3750rpmを発生する。これに5段MTが組み合わせられる。ボディは3ドアで右ハンドル仕様のみ。

外装面での特徴は、4灯式ヘッドランプ、185/60R14(標準モデルは175/65R14)タイヤ、専用アルミホイール、それにリアスポイラーだ。内装ではブルーメーターパネル、スポーツシートなどが専用装備されている。

なかなか良さげなスペックだから、キビキビ走ってくれるとイイですな。(Web CG うちやま)

 
 

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • 「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売 2013.4.25 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、スポーティーなコンパクトモデル「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」を日本市場に導入。2013年5月9日に30台限定で発売する。
ホームへ戻る