ルノー、「ルーテシア」のスポーティモデルを発売

1999.07.27 自動車ニュース
 
 
990727_048.gif

ルノー、「ルーテシア」のスポーティモデルを発売(7/27)

フランスモーターズは、「ルノールーテシア」にスポーティグレード「16V」を追加し、7月22日より予約受付けを開始した。価格は219.0万円だ。

「ルーテシア16V」は、アルミニウム製ボンネットや専用セッティングを施した前後サスペンションが装備された、スポーティなモデルである。エンジンは新開発の1598cc直4DOHCで、最高出力110ps/5750rpm、最大トルク15.4kgm/3750rpmを発生する。これに5段MTが組み合わせられる。ボディは3ドアで右ハンドル仕様のみ。

外装面での特徴は、4灯式ヘッドランプ、185/60R14(標準モデルは175/65R14)タイヤ、専用アルミホイール、それにリアスポイラーだ。内装ではブルーメーターパネル、スポーツシートなどが専用装備されている。

なかなか良さげなスペックだから、キビキビ走ってくれるとイイですな。(Web CG うちやま)

 
 

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記
  • 「DS 3」に“トカゲ革模様”の限定モデルが登場 2017.12.4 自動車ニュース