ドゥカティ、スペシャル「996」を発表

1999.07.29 自動車ニュース
990729_051.gif

ドゥカティ、スペシャル「996」を発表(7/29)

ドゥカティジャパンはファクトリールック仕様の「996SPS/F」を、世界限定150台のシリアルナンバー入りで販売する。

「996」はドゥカティのラインナップにおける最もスポーティかつ最も高価なモデルだ。レースでは、スーパーバイク選手権をはじめ、世界中で好成績を残している。今回発表された「996SPS/F」は基本となるSPSモデルに、レースのイメージを付与したものだ。

カーボン製のフットペグプロテクションやスイングアームプロテクションをはじめ、ショーワ製のチタンコート処理フロントフォーク、テクノセルレーシングシート、ピレリドラゴンのレーシング仕様などのスペシャルパーツがおごられている。

外観上は「ファクトリールック」をもち、1999シーズン仕様のデカールなどを特徴とする。さらにナンバー入り革製ファイルやファクトリータイプのスタンド、専用グラフィックの布製ボディカバーなど、マニアックな小物も付属している。ファンにとっては見逃せないこの限定車は、全国約60件のディーラーで予約受付開始されている。価格は345.0万円だ。

現在、拡販路線をとるドゥカティではモンスターシティなど、街乗り用の製品をプッシュしています。けれど、このようなフラッグシップを作り出すことも忘れていないようだ。ただし性能を向上させるのではなく、ルックチューンというのがちょっと気になるけれど。ちなみに写真は標準モデルです。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。