プジョー206 S16インプレッション

1999.08.02 自動車ニュース
 
 
990802_002.gif

プジョー206 S16インプレッション(8/2)

インチケーププジョージャパンが7月2日より発売した「プジョー206 S16」に試乗した。

「プジョー206 S16」は先行発売されている206シリーズの最も上位に位置づけられる高性能モデルだ。エンジンは新開発の2リッター4気筒DOHC16バルブで、137馬力の最高出力を発生する。トランスミッションは5段マニュアルのみで、ボディは2ドアにかぎられる。価格は245.0万円だ。

「プジョー206 S16」のさらなる特徴は、強化されたサスペンション、通気式フロントディスクブレーキ、専用15インチアルミホイール、フレアのついたフロントフェンダー、4灯式ヘッドランプなどがあげられる。

内装面では、シート生地が本革とアルカンタラのコンビネーションになることをはじめ、アルミのシフトノブおよびペダル類を備えている。なお外板色はチャイナブルー、ルシファーレッド、タンジェリンオレンジ、そして専用色のムーンストーングレーとなる。

乗ってまず印象に残ったのは、期待していたほどパワフルじゃないな、ということでした。スポーティな位置づけのモデルだから、大トルクがいきなり、かなと思っていたのですが、エンジンは回転でかせぐタイプでした。

でも高回転まで回しても力は出ません。カムのプロファイルは低中回転重視となっているんです。乗りやすさを狙ったセッティングです。ただし、カムシャフトのプロファイルと、吸気マニフォルドのチューニングをうまくイジればかなり狂暴な性格になるかもしれません。そういう雰囲気を漂わせているのは事実です。

偏平率55というロープロファイルのタイヤなので乗り心地はゴツゴツしているのですが、これはタイヤのせいだけで、フロントサスペンションはじつは柔らかいんです。一方でリアはアンダーステアを消すためにロール剛性を高めています。これによってコーナリング時にフロントが沈むこむいっぽうで、リアが負けずに追従するようになっています。

フロントサスペンションはちょっとバタつきますね。

やっぱりエンジンが重いからピッチングがおきてしまうんでしょう。

フツウのひとには思ったほどスポーティでないと感じられるかもしれませんが、実際はかなり限界が高いですね。

ほかの206シリーズに比べるとステアリングフィールもかなりいいんです。

ただし、たとえばシトロエンクサラVTSとくらべると、あちらのほうがスポーティですね。S16はゴルフGTIと同じような方向を向いていると思います。家族で使えるスポーティカーというコンセプトですね。そのいっぽうでシートは昔のフランス車のようにソフトなもので、とてもよかったです。

松本英雄

小川フミオ

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る