プジョー206 S16インプレッション

1999.08.02 自動車ニュース
 
 
990802_002.gif

プジョー206 S16インプレッション(8/2)

インチケーププジョージャパンが7月2日より発売した「プジョー206 S16」に試乗した。

「プジョー206 S16」は先行発売されている206シリーズの最も上位に位置づけられる高性能モデルだ。エンジンは新開発の2リッター4気筒DOHC16バルブで、137馬力の最高出力を発生する。トランスミッションは5段マニュアルのみで、ボディは2ドアにかぎられる。価格は245.0万円だ。

「プジョー206 S16」のさらなる特徴は、強化されたサスペンション、通気式フロントディスクブレーキ、専用15インチアルミホイール、フレアのついたフロントフェンダー、4灯式ヘッドランプなどがあげられる。

内装面では、シート生地が本革とアルカンタラのコンビネーションになることをはじめ、アルミのシフトノブおよびペダル類を備えている。なお外板色はチャイナブルー、ルシファーレッド、タンジェリンオレンジ、そして専用色のムーンストーングレーとなる。

乗ってまず印象に残ったのは、期待していたほどパワフルじゃないな、ということでした。スポーティな位置づけのモデルだから、大トルクがいきなり、かなと思っていたのですが、エンジンは回転でかせぐタイプでした。

でも高回転まで回しても力は出ません。カムのプロファイルは低中回転重視となっているんです。乗りやすさを狙ったセッティングです。ただし、カムシャフトのプロファイルと、吸気マニフォルドのチューニングをうまくイジればかなり狂暴な性格になるかもしれません。そういう雰囲気を漂わせているのは事実です。

偏平率55というロープロファイルのタイヤなので乗り心地はゴツゴツしているのですが、これはタイヤのせいだけで、フロントサスペンションはじつは柔らかいんです。一方でリアはアンダーステアを消すためにロール剛性を高めています。これによってコーナリング時にフロントが沈むこむいっぽうで、リアが負けずに追従するようになっています。

フロントサスペンションはちょっとバタつきますね。

やっぱりエンジンが重いからピッチングがおきてしまうんでしょう。

フツウのひとには思ったほどスポーティでないと感じられるかもしれませんが、実際はかなり限界が高いですね。

ほかの206シリーズに比べるとステアリングフィールもかなりいいんです。

ただし、たとえばシトロエンクサラVTSとくらべると、あちらのほうがスポーティですね。S16はゴルフGTIと同じような方向を向いていると思います。家族で使えるスポーティカーというコンセプトですね。そのいっぽうでシートは昔のフランス車のようにソフトなもので、とてもよかったです。

松本英雄

小川フミオ

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る