ホンダのLEV仕様車が優遇税制適用車に

1999.08.03 自動車ニュース
 
 
990803_005.gif

ホンダのLEV仕様車が優遇税制適用車に(8/3)

ホンダはシビック、ドマーニ、インテグラSJ、アコード、トルネオの各LEV仕様車を平成12年度排出ガス規制に適合、また各モデルに特別仕様車を設定、7月30日から発売した。

ホンダのLEV仕様車はすでに販売されているものだが、今回平成12年度排出ガス規制に適合されたことで、購入時の自動車取得税が1パーセント減税されるようになった。

ホンダLEV仕様は平成12年度排出ガス規制を50パーセント以上うわまわっているだけでなく、環境庁が技術指針としている「低排出ガスレベル」(仮称)をもクリアしている。

新規に設定される特別仕様車はいずれも従来のLEV仕様をベースに内外装をグレードアップしたお買い得モデル。シビックフェリオ、ドマーニ、インテグラSJの「クリーンエディション」はボディ同色サイドプロテクター、マフラーカッター、高級オーディオなどを標準装備。アコード「クリーンスポーティス」とトルネオ「クリーンツーリング」にはアルミホイール、フロントスポーツシート、革巻きステアリングホイールが付くほかBOSEサラウンドシステムやトランクスポイラーがオプションで用意される。

価格(東京)
シビックフェリオ・クリーンエディション……144.3万円
ドマーニ・クリーンエディション……143.8万円
インテグラSJ・クリーンエディション……148.2万円
アコード2.0VTSクリーンスポーティス……195.3万円
トルネオ2.0VTSクリーンツーリング……195.3万円
アコード2.0VTS 4WDクリーンスポーティス……224.8万円
トルネオ2.0VTS 4WDクリーンツーリング……224.8万円

最近のTVCFでもそうだが、ホンダのローエミッションへの取り組みはすごい。今回のニュースでは、減税優遇への対応やお買い得車の設定でLEV車に魅力をプラスした。もっとも現実的なローエミッション策としてこれは素直に歓迎するとして、今の技術で次の規制にも対応できているということに私は注目したい。あとは優遇税制を受けなくても買いやすい価格設定でしょうか。(Web CG おざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る