ホンダのLEV仕様車が優遇税制適用車に

1999.08.03 自動車ニュース
 
 
990803_005.gif

ホンダのLEV仕様車が優遇税制適用車に(8/3)

ホンダはシビック、ドマーニ、インテグラSJ、アコード、トルネオの各LEV仕様車を平成12年度排出ガス規制に適合、また各モデルに特別仕様車を設定、7月30日から発売した。

ホンダのLEV仕様車はすでに販売されているものだが、今回平成12年度排出ガス規制に適合されたことで、購入時の自動車取得税が1パーセント減税されるようになった。

ホンダLEV仕様は平成12年度排出ガス規制を50パーセント以上うわまわっているだけでなく、環境庁が技術指針としている「低排出ガスレベル」(仮称)をもクリアしている。

新規に設定される特別仕様車はいずれも従来のLEV仕様をベースに内外装をグレードアップしたお買い得モデル。シビックフェリオ、ドマーニ、インテグラSJの「クリーンエディション」はボディ同色サイドプロテクター、マフラーカッター、高級オーディオなどを標準装備。アコード「クリーンスポーティス」とトルネオ「クリーンツーリング」にはアルミホイール、フロントスポーツシート、革巻きステアリングホイールが付くほかBOSEサラウンドシステムやトランクスポイラーがオプションで用意される。

価格(東京)
シビックフェリオ・クリーンエディション……144.3万円
ドマーニ・クリーンエディション……143.8万円
インテグラSJ・クリーンエディション……148.2万円
アコード2.0VTSクリーンスポーティス……195.3万円
トルネオ2.0VTSクリーンツーリング……195.3万円
アコード2.0VTS 4WDクリーンスポーティス……224.8万円
トルネオ2.0VTS 4WDクリーンツーリング……224.8万円

最近のTVCFでもそうだが、ホンダのローエミッションへの取り組みはすごい。今回のニュースでは、減税優遇への対応やお買い得車の設定でLEV車に魅力をプラスした。もっとも現実的なローエミッション策としてこれは素直に歓迎するとして、今の技術で次の規制にも対応できているということに私は注目したい。あとは優遇税制を受けなくても買いやすい価格設定でしょうか。(Web CG おざわ)

 
 
関連記事 ホームへ戻る