ホンダのLEV仕様車が優遇税制適用車に

1999.08.03 自動車ニュース
 
 
990803_005.gif

ホンダのLEV仕様車が優遇税制適用車に(8/3)

ホンダはシビック、ドマーニ、インテグラSJ、アコード、トルネオの各LEV仕様車を平成12年度排出ガス規制に適合、また各モデルに特別仕様車を設定、7月30日から発売した。

ホンダのLEV仕様車はすでに販売されているものだが、今回平成12年度排出ガス規制に適合されたことで、購入時の自動車取得税が1パーセント減税されるようになった。

ホンダLEV仕様は平成12年度排出ガス規制を50パーセント以上うわまわっているだけでなく、環境庁が技術指針としている「低排出ガスレベル」(仮称)をもクリアしている。

新規に設定される特別仕様車はいずれも従来のLEV仕様をベースに内外装をグレードアップしたお買い得モデル。シビックフェリオ、ドマーニ、インテグラSJの「クリーンエディション」はボディ同色サイドプロテクター、マフラーカッター、高級オーディオなどを標準装備。アコード「クリーンスポーティス」とトルネオ「クリーンツーリング」にはアルミホイール、フロントスポーツシート、革巻きステアリングホイールが付くほかBOSEサラウンドシステムやトランクスポイラーがオプションで用意される。

価格(東京)
シビックフェリオ・クリーンエディション……144.3万円
ドマーニ・クリーンエディション……143.8万円
インテグラSJ・クリーンエディション……148.2万円
アコード2.0VTSクリーンスポーティス……195.3万円
トルネオ2.0VTSクリーンツーリング……195.3万円
アコード2.0VTS 4WDクリーンスポーティス……224.8万円
トルネオ2.0VTS 4WDクリーンツーリング……224.8万円

最近のTVCFでもそうだが、ホンダのローエミッションへの取り組みはすごい。今回のニュースでは、減税優遇への対応やお買い得車の設定でLEV車に魅力をプラスした。もっとも現実的なローエミッション策としてこれは素直に歓迎するとして、今の技術で次の規制にも対応できているということに私は注目したい。あとは優遇税制を受けなくても買いやすい価格設定でしょうか。(Web CG おざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【東京オートサロン2017】ホンダ、オートサロンで新型「シビック」を公開 2017.1.15 自動車ニュース 本田技研工業は2017年1月13日、東京オートサロン2017で、2017年夏に日本での発売を予定している新型「シビック」シリーズの3モデルのプロトタイプモデルを日本で初めて公開した。
  • ホンダ・シビック ハッチバック 2016.9.29 画像・写真 本田技研工業はパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「ホンダ・シビック ハッチバック」(欧州仕様)を公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
ホームへ戻る