中古車のオークションサイト、今秋開設

1999.08.03 自動車ニュース
990803_004.gif

中古車のオークションサイト、今秋開設(8/3)

中古車のオークションを目的としたホームページ「e-kuruma.com」が9月にオープンする。輸入車を中心とした個人売買をインターネット上で行なおうというものだ。

「e-kuruma.com」は(株)ヴァーテックスビジョンが開設するサイト。インターネットの利用で誰もが入札に参加できるということ、さらにオークション導入により価格決定のプロセスが透明化されるといった、利用者へのメリットが謳われている。

オークションは、オンラインで登録された中古車のデータをもとに、買い手が入札していく仕組みとなっている。落札後はヴァーテックスビジョン社と提携するガソリンスタンド等の代理店が、試乗、売買契約の書類作成、名義変更代行から車両引渡しなど一切の手続き/業務を担当する。サイト運営費は、売り手と買い手双方が支払う手数料(落札価格の5パーセント)でまかなわれる。

8月2日に都内で行なわれた記者会見上、ヴァーテックスビジョン社の山内章裕社長は、「オークションサイトの他に修理工場やショップ、レジャー施設の情報提供を展開する、クルマのポータルサイトを目指す」と説明した。

この仲介サービスの成功は、いかに代理店の数を増やせるかにかかっています。「オートバイテル」「カーポイント」のような、すでに同様のサービス開始を発表している大手外資系自動車サイトを相手に、ヴァーテックスビジョン社のようないわゆるベンチャー企業がどう挑んでいくか、注目したいと思います。(Web CG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。