トヨタ、ヴィッツの4WD車を発売

1999.08.04 自動車ニュース
 
 
990804_009.gif

トヨタ、ヴィッツの4WD車を発売(8/4)

トヨタの新世代の大衆車ヴィッツに4WDモデルが追加された。エンジンは新開発の1.3リッターが搭載される。最廉価モデルで114.3万円だ。2WD車には排ガス/安全面のリファインも行なわれた。

トヨタヴィッツ4WD」される4WDシステムは「フレックスフルタイム4WD」。通常走行時はFWDだが、コーナリング時や雪道など前後輪に回転差が生じた時に後輪にもトルクを分配するというものだ。

エンジンは重量増に対処して2WDより大きい1.3リッターを搭載する。2NZ-FE型エンジンは今回初登場の新開発エンジンで、1リッター同様に吸気バルブの開閉時期をコントロールするVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)を有する。パワー/トルクは88ps/12.3kgmと、1リッターより25パーセントほど強力である。

10・15モードで18.2km/リッターをマークする燃費性能は「平成22年新燃費基準」を満足させるもので、これにより自動車取得税軽減の対象になっている。

ヴィッツ4WDの車種構成と価格(すべてMTの値)は以下のとおり。

3ドア
F……114.3万円
F・Dパッケージ……120.3万円
U……134.8万円
5ドア
F……119.5万円
F・Dパッケージ……125.5万円
U……140.0万円

なお、同時に既存の2WDも触媒の改良などで全車「平成12年排出ガス規制」に適合し、自動車取得税軽減の対象になった。さらに、車への確実な装着が可能なISO FIX準拠のチャイルドシートに対応した専用固定アンカーがトヨタ車で初めて用意された(一部グレードのみ)というニュースもある。

長年親しまれてきたスターレットがカタログから落ちたという。古くからトヨタ車を知る身には寂しい限りだが、スターレットに引導を渡したのがヴィッツと聞いて納得できた。小さいのにいい車だからだ。さらに4WDができてエンジンもパワフルとくれば、ますます注目したくなる。燃費もよさそうだし。(Web CG おざわ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
ホームへ戻る