トヨタ、ヴィッツの4WD車を発売

1999.08.04 自動車ニュース
 
 
990804_009.gif

トヨタ、ヴィッツの4WD車を発売(8/4)

トヨタの新世代の大衆車ヴィッツに4WDモデルが追加された。エンジンは新開発の1.3リッターが搭載される。最廉価モデルで114.3万円だ。2WD車には排ガス/安全面のリファインも行なわれた。

トヨタヴィッツ4WD」される4WDシステムは「フレックスフルタイム4WD」。通常走行時はFWDだが、コーナリング時や雪道など前後輪に回転差が生じた時に後輪にもトルクを分配するというものだ。

エンジンは重量増に対処して2WDより大きい1.3リッターを搭載する。2NZ-FE型エンジンは今回初登場の新開発エンジンで、1リッター同様に吸気バルブの開閉時期をコントロールするVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)を有する。パワー/トルクは88ps/12.3kgmと、1リッターより25パーセントほど強力である。

10・15モードで18.2km/リッターをマークする燃費性能は「平成22年新燃費基準」を満足させるもので、これにより自動車取得税軽減の対象になっている。

ヴィッツ4WDの車種構成と価格(すべてMTの値)は以下のとおり。

3ドア
F……114.3万円
F・Dパッケージ……120.3万円
U……134.8万円
5ドア
F……119.5万円
F・Dパッケージ……125.5万円
U……140.0万円

なお、同時に既存の2WDも触媒の改良などで全車「平成12年排出ガス規制」に適合し、自動車取得税軽減の対象になった。さらに、車への確実な装着が可能なISO FIX準拠のチャイルドシートに対応した専用固定アンカーがトヨタ車で初めて用意された(一部グレードのみ)というニュースもある。

長年親しまれてきたスターレットがカタログから落ちたという。古くからトヨタ車を知る身には寂しい限りだが、スターレットに引導を渡したのがヴィッツと聞いて納得できた。小さいのにいい車だからだ。さらに4WDができてエンジンもパワフルとくれば、ますます注目したくなる。燃費もよさそうだし。(Web CG おざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る