トヨタ、新型「ラウム」を発売

1999.08.05 自動車ニュース
 
 
990805_011.gif

トヨタ、新型「ラウム」を発売(8/5)

トヨタ自動車は、「ラウム」をマイナーチェンジし、8月2日より発売した。最大の特徴は多彩なシートアレンジができる新グレードが用意されたことだ。

新型「ラウム」のおもな内容は、新しいシートアレンジとして、リヤシートをダブルアクションで折り畳むことでフラットな室内空間を作り出す「フラットデッキ」仕様が設けられたこと、外観および内装の意匠の変更、装備の追加、などがある。

グレードはシートアレンジがそのままグレード名になって3種類。従来の前席セパレートシート仕様車が「セパレート」、同じく前席ベンチシートタイプが「ペアベンチ」、上記の新仕様が「フラットデッキ」と呼ばれる。乗員数は「セパレート」「ペアベンチ」が5名、「フラットデッキ」は4名となる。

外観上の変更点は、フロントグリルやバンパーの意匠が変更され、外板色にダークブルーマイカなど新色5色を含む7色が採用された点など。内装では、全車にタコメーターが標準装備されたのをはじめ、コンビネーションメーターの質感向上、ふた付きセンターコンソールの設定などが新しい。

安全装備では、フロントドアに撥水ガラスが、ドアミラーにレインクリアリングミラーがそれぞれ新たに備わった。価格は、「ラウムセパレート」の149.8万円からとなる。

これからお盆の季節です。ひたすら忍耐を必要とする大渋滞、せめて車内では快適に過ごしたい。このクルマはそういう願いを叶えてくれるかもしれません。広い室内、ウォークスルー機構、駐車場で乗り降り便利なスライドドアなど、渋滞を生き抜くツールとして活躍してくれそうなクルマです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る