トヨタ、新型「ラウム」を発売

1999.08.05 自動車ニュース
 
 
990805_011.gif

トヨタ、新型「ラウム」を発売(8/5)

トヨタ自動車は、「ラウム」をマイナーチェンジし、8月2日より発売した。最大の特徴は多彩なシートアレンジができる新グレードが用意されたことだ。

新型「ラウム」のおもな内容は、新しいシートアレンジとして、リヤシートをダブルアクションで折り畳むことでフラットな室内空間を作り出す「フラットデッキ」仕様が設けられたこと、外観および内装の意匠の変更、装備の追加、などがある。

グレードはシートアレンジがそのままグレード名になって3種類。従来の前席セパレートシート仕様車が「セパレート」、同じく前席ベンチシートタイプが「ペアベンチ」、上記の新仕様が「フラットデッキ」と呼ばれる。乗員数は「セパレート」「ペアベンチ」が5名、「フラットデッキ」は4名となる。

外観上の変更点は、フロントグリルやバンパーの意匠が変更され、外板色にダークブルーマイカなど新色5色を含む7色が採用された点など。内装では、全車にタコメーターが標準装備されたのをはじめ、コンビネーションメーターの質感向上、ふた付きセンターコンソールの設定などが新しい。

安全装備では、フロントドアに撥水ガラスが、ドアミラーにレインクリアリングミラーがそれぞれ新たに備わった。価格は、「ラウムセパレート」の149.8万円からとなる。

これからお盆の季節です。ひたすら忍耐を必要とする大渋滞、せめて車内では快適に過ごしたい。このクルマはそういう願いを叶えてくれるかもしれません。広い室内、ウォークスルー機構、駐車場で乗り降り便利なスライドドアなど、渋滞を生き抜くツールとして活躍してくれそうなクルマです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラウムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る