トヨタ、新型「ラウム」を発売

1999.08.05 自動車ニュース
 
 
990805_011.gif

トヨタ、新型「ラウム」を発売(8/5)

トヨタ自動車は、「ラウム」をマイナーチェンジし、8月2日より発売した。最大の特徴は多彩なシートアレンジができる新グレードが用意されたことだ。

新型「ラウム」のおもな内容は、新しいシートアレンジとして、リヤシートをダブルアクションで折り畳むことでフラットな室内空間を作り出す「フラットデッキ」仕様が設けられたこと、外観および内装の意匠の変更、装備の追加、などがある。

グレードはシートアレンジがそのままグレード名になって3種類。従来の前席セパレートシート仕様車が「セパレート」、同じく前席ベンチシートタイプが「ペアベンチ」、上記の新仕様が「フラットデッキ」と呼ばれる。乗員数は「セパレート」「ペアベンチ」が5名、「フラットデッキ」は4名となる。

外観上の変更点は、フロントグリルやバンパーの意匠が変更され、外板色にダークブルーマイカなど新色5色を含む7色が採用された点など。内装では、全車にタコメーターが標準装備されたのをはじめ、コンビネーションメーターの質感向上、ふた付きセンターコンソールの設定などが新しい。

安全装備では、フロントドアに撥水ガラスが、ドアミラーにレインクリアリングミラーがそれぞれ新たに備わった。価格は、「ラウムセパレート」の149.8万円からとなる。

これからお盆の季節です。ひたすら忍耐を必要とする大渋滞、せめて車内では快適に過ごしたい。このクルマはそういう願いを叶えてくれるかもしれません。広い室内、ウォークスルー機構、駐車場で乗り降り便利なスライドドアなど、渋滞を生き抜くツールとして活躍してくれそうなクルマです。(Web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る