「トヨタ・ラクティス」の燃費が向上

2012.07.23 自動車ニュース

「トヨタ・ラクティス」の燃費が向上

トヨタ自動車は2012年7月23日、コンパクトなワゴン「ラクティス」を一部改良し、発売した。

今回、「ラクティス」の1.5リッターモデル(FF車)は、燃焼改善やフリクション低減などが施されたエンジンと、伝達効率が高められた「Super CVT-i」が搭載され、19.0km/リッターの燃費を実現した(JC08モード)。

さらに、1.3リッターと1.5リッターのFF車に限りアイドリングストップ機構がオプションとして設定された。アイドリングストップを選択した場合の燃費は、1.3リッター(FF車)で19.6km/リッター、1.5リッター(FF車)で20.6km/リッターとなる(JC08モード)。

価格は、「Vパッケージ」(1.3リッター、FF車)の137万7000円から「G」(1.5リッター、4WD車)の186万3000円まで。

(webCG)

「トヨタ・ラクティス G 」(1.5リッター、FF車)
「トヨタ・ラクティス G 」(1.5リッター、FF車)

関連キーワード:
ラクティストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
ホームへ戻る