「トヨタ・ラクティス」の燃費が向上

2012.07.23 自動車ニュース

「トヨタ・ラクティス」の燃費が向上

トヨタ自動車は2012年7月23日、コンパクトなワゴン「ラクティス」を一部改良し、発売した。

今回、「ラクティス」の1.5リッターモデル(FF車)は、燃焼改善やフリクション低減などが施されたエンジンと、伝達効率が高められた「Super CVT-i」が搭載され、19.0km/リッターの燃費を実現した(JC08モード)。

さらに、1.3リッターと1.5リッターのFF車に限りアイドリングストップ機構がオプションとして設定された。アイドリングストップを選択した場合の燃費は、1.3リッター(FF車)で19.6km/リッター、1.5リッター(FF車)で20.6km/リッターとなる(JC08モード)。

価格は、「Vパッケージ」(1.3リッター、FF車)の137万7000円から「G」(1.5リッター、4WD車)の186万3000円まで。

(webCG)

「トヨタ・ラクティス G 」(1.5リッター、FF車)
「トヨタ・ラクティス G 」(1.5リッター、FF車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラクティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る