トヨタ、「ランクル70系」の走行性能をアップ

1999.08.10 自動車ニュース
 
 
990810_023.gif

トヨタ、「ランクル70系」の走行性能をアップ(8/10)

トヨタ自動車は「ランドクルーザー70」のマイナーチェンジを実施、8月4日より発売した。外観の変更をはじめ、サスペンションなどが改良されている。

「トヨタランドクルーザー70」のマイナーチェンジにおける特徴は、フロントマスクまわりを中心とした意匠の変更をはじめ、トルクを向上させた4.2リッターディーゼルエンジン、走行安定性と乗り心地を高めるため形式を変更されたサスペンションなどにある。

外観上では、フロントグリルにメッキ処理をほどこしたことをはじめ、フロントコンビネーションランプの意匠を変更してワイド感を強調、「LX」には215/80R16LTタイヤ、「ZX」には265/70R16LTタイヤ、それに新デザインのアルミホイールを装着、さらに外板色に新たに5色を設定するなどしている。

ドライブトレインの面では、4.2リッターディーゼル「1HZ」エンジンにEGR(排出ガス再循環装置)を採用するなどしてNOxの排出量を削減しているのが特徴だ。加えて、最大トルクを向上させている。

フロントサスペンションにおいては、スプリングを従来のリーフ式からスプリング式に変更、さらにリアサスペンションのジオメトリーを見直して、走行安定性と乗り心地を高めているという。

装備の面では、バッテリーがこれまでの24Vから12Vに変更され、オーディオなどの用品の装着への配慮がみられているのも特徴だ。

同時に、「ランドクルーザー100」および「同シグナス」においては、「アクティブTRC」と「VSC」がセットでオプション設定された。これはデフロック機能が必要となる路面でコンピュータがブレーキングを4輪独立して制御する機構である「アクティブTRC」と、急ハンドルなどによる横すべりをおさえる車両安定制御システム「VSC」による統合制御だ。

あえて、オフロードを走らない立場から勝手な意見を言わせていただきます。ランクル70はカッコ悪い。機能美すら感じさせない。快適性能を高めるのもけっこうですが、スタイリングはこのままで、という方針が理解できない。より多くのひとに乗らせようというのなら、まずカッコ。ではないでしょうか。ねえ。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
ホームへ戻る