トヨタ、「グラシア」の安全装備を充実

1999.08.18 自動車ニュース
990818_032.gif

トヨタ、「グラシア」の安全装備を充実(8/18)

トヨタ自動車は、カムリグラシアセダンならびにカムリグラシアステーションワゴンをマイナーチェンジするとともに、セダンを「カムリ」、ワゴンを「カムリグラシア」にそれぞれ名称変更し、8月6日に発売した。

新型「カムリ」「カムリグラシア」の特徴は、外観および内装の意匠の変更、安全装備の充実などがあげられる。

外観上の変更点は、マルチリフレクターランプを内蔵した大型フロントバンパーをはじめ、「カムリ」ではワイド感のあるフロントグリルを、「カムリグラシア」ではスポーティ感のあるメッシュのフロントグリルを採用するなど、それぞれの差別化がはかられた。また、両車種ともシルキーパールトーニング(オプション)などの新色4色が追加された。

内装では、木目調&本革巻き4本ステアリングホイールやクリーンエアフィルター、DVDボイスナビゲーションシステムなどが採用されている。

安全装備では、雨天時の視認性を高めるヒーター付きレインクリアリングドアミラーを採用するとともに、撥水機能付きフロントドアガラスやブレーキアシストが全車標準装備されている。

「カムリグラシア」には、16インチアルミホイールや、内装色をブラックとしたスポーティなツーリングエディションも設定されている。価格は2.2リッター直4/FFの「Vセクション」の199.8万円から。

ブレーキアシストをはじめとする安全装備の充実は、最近のトヨタの定番でしょう。それにしても、いままでグラシアはセダンもあったのか。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。