ルノー、セニックベースのSUV発表

1999.08.19 自動車ニュース
990819_034.gif

ルノー、セニックベースのSUV発表(8/19)

フランスで開催されている「バルドイゼール4×4&レジャーモーターショー」において、セニックをベースにしたSUV(スポーツユーティリティビークル)、「セニックRX4」が発表された。

RX4における主な技術革新は、パーマネント4WDトランスミッション。このトランスミッションは、ビスカスカプリングと電子制御による前輪のコントロールシステムからなる。

エンジンは2l直4(16V)のガソリンユニットと1.9lコモンレール型ディーゼルエンジンが用意される。

セニックよりも全高は60mm高く、大きく張り出したフェンダーや大型フロントバンパーなどの効果により、外観は力強い印象を与える。

内装は、アジャストシートに代表されるセニックの装備がすべてそのまま使用されている。ただし、シートの素材などはオリジナルとなる。

フロントサスペンションは、下部ウィッシュボーンを搭載したマクファーソンストラット式で、このウィッシュボーンには、オン/オフロードが混在するドライビングを満足させるために特別に開発された。また、リアサスペンションもセニックのものに大きく手が加えられた。

セニックRX4は、今年9月のフランクフルトモーターショーにも展示され、日本での発売は2000年になる予定。

SUV市場が活性化しているのは、アメリカだけではないようだ。ヨーロッパにおける98年度のSUVの総売上高は対前年度比90%増という爆発的な成長ぶり。写真で見る限りカッコイイと思うが、トヨタRAV4、ホンダCR-V、ローバーフリーランダーなどのライバルがひしめく市場での成果はいかに?(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。