マツダ、「ファミリア」にスポーティモデルを追加

1999.08.20 自動車ニュース
990820_037.gif

マツダ、「ファミリア」にスポーティモデルを追加(8/20)

マツダは、「ファミリアSワゴン」の最上位機種として「スポルト20」を8月3日から発売した。

「ファミリアSワゴン スポルト20」の特徴は、カペラに搭載されているFS-ZE型を専用チューニングした2リッターエンジンの採用とマニュアル感覚を高めた新開発アクティブマチック(マニュアルモード付オートマチック)トランスミッション(FF車のみ)である。

外観は、フォグランプを内蔵した大型フロントバンパー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーなどの専用装備により、スポーティなイメージが強調されている。

内装も「エキサイティング&スポーティ」をキーワードにホワイトメーターパネル、ナルディ製本革ステアリングホイールの採用をはじめ、パーツ類をチタン色にメッキするなどドライバーをその気にさせる演出がほどこされている。

FFモデルに採用された「アクティブマチック」は、セレクトレバーの移動のみで変速操作が可能なマニュアルモード付オートマチックトランスミッションで、応答速度が速く、積極的なシフト操作によるスポーティなドライビングを楽しむことができるという。

また、「スポルト20」の発表にともない全モデルの安全装備が充実された。前後輪の制動力配分を最適化し、安定した制動力が得られるEBD(電子制御動力配分システム)付ABSブレーキが全車に新採用されている。

「ファミリアSワゴン スポルト20」の価格は、FFモデルが193.3万円、4WDのATモデルが211.6万円(東京価格)である。

マツダはブランド力を高めるために、WWBP(ワールドワイドブランドポジショニング)という戦略を展開しており、商品であるマツダ車はすべて際立つデザイン、抜群の機能性、優れたハンドリング性能の3点に重きがおかれているようになった。「スポルト20」は、ファミリアのなかで特に「優れたハンドリング性能」が強調されたモデルと思われます。スポーティなドライビングを可能にする新開発のATもブランド戦略のなかから生まれたものなんですね。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。