VW 、「ニュービートル」を日本で発表

1999.08.24 自動車ニュース
 
 
990824_042.gif

VW 、「ニュービートル」を日本で発表(8/24)

フォルクスワーゲンジャパン(VWJ)は8月23日、「ニュービートル」を日本で正式発表した。発売は9月18日からとなる。

「ニュービートル」は、116ps/5200rpmの最高出力と、17.3kgm/2400rpmの最大トルクを生む1984cc直列4気筒SOHCエンジンが搭載される。トランスミッションは4段オートマチックのみの設定。駆動方式は前輪駆動だ。ラインナップは装備の違いで「ニュービートル 標準仕様」(239万円)と「同プラス」(289万円)の2タイプとなる。

「標準仕様」は、エアバッグ(運転席/助手席)、サイドエアバック(フロント)、ABS、リモコン式集中ドアロック、6スピーカー付きAM/FMカセットプレーヤー、エアコン、フォグランプ、熱線入り電動リモコンドアミラーが標準装備となる。

「プラス」では、「標準仕様」の装備に加えて、電動スライディングルーフ(チルトアップ機構付き)、革巻ステアリングホイール、革張りシート、前席シートヒーター、アルミホイールを標準装備する。

外装色は、シルバー、ブラック、イエロー、レッド、ブルー、グリーン、ホワイトの7色だ。内装色はファブリック2色(ブラック、グレー)とレザー2色(ブラック、ベージュ)が用意されるという。

VWJによると、1999年中に2000台、今年度中には4万4000台の販売台数を目標としているという。

1994年の「コンセプト1」以来、注目を集めてきた「ニュービートル」。たびたびメディアにも取り上げられているため新鮮さはない、と思いきや、実物はやはりユニークさ漂うクルマです。その「カワイさ」で、日本人、特に女性の心をつかむのではないでしょうか。ちなみに23日に行われた記者発表会には、神田うのさんが来ていました。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ビートルフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にツートンカラーの限定車 2017.11.28 自動車ニュース フォルクスワーゲンから「ザ・ビートル」の特別仕様車「ブラックスタイル」が登場。ホイールやドアミラーなど、各所がブラックでコーディネートされたエクステリアを特徴とする、300台の限定モデルである。ボディーカラーは赤/黒と白/黒の2種類が用意される。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
ホームへ戻る