VWジャパン、「ゴルフ」のラインナップを変更

1999.08.25 自動車ニュース
 
 
990825_044.gif

VWジャパン、「ゴルフ」のラインナップを変更(8/25)

フォルクスワーゲンジャパンは、ゴルフ・シリーズに1.6リッターの「ゴルフE」を追加。また、量販車種である「GLi、CLi」のエンジン排気量を2リッターとし、8月23日より発売した。

新たに加わった「ゴルフE」は、新開発1.6リッター・オールアルミ製エンジンが採用されている。エアコン、パワーウィンドウ、MDデッキなどの快適装備に加え、前席フロント及びサイドエアバッグ、ABSなどの安全装備も標準で備えながらも、価格を229万円とすることでゴルフのエントリー・モデルとして設定されている。

また、最量販モデル「ゴルフCLi/GLi」には、従来の1.8リッターに代わり市街地などの低速走行での走りやすさが追求された2リッター・エンジンが搭載された。

VWゴルフの新モデル・ラインナップ
ゴルフE /1.6 SOHC     (229万円)
   CLi/2.0 SOHC     (253万円)
   GLi/2.0 SOHC     (270万円)
   GTI/1.8 DOHCターボ  (290万円〜299万円)
   GTX/1.8 DOHCターボ  (340万円)

1.6リッターの「ゴルフE」が登場しました。エントリーモデルとはいえ、サイドエアバッグまで標準装備されているのは、さすが真面目なゴルフといったところでしょうか。ノロマなカメじゃないといいけど。最量販車である「GLi/CLi」の1.8リッターエンジンの低速トルク不足を解決するために、2リッターになったと考えると少々気になります。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る