VWジャパン、「ゴルフ」のラインナップを変更

1999.08.25 自動車ニュース
 
 
990825_044.gif

VWジャパン、「ゴルフ」のラインナップを変更(8/25)

フォルクスワーゲンジャパンは、ゴルフ・シリーズに1.6リッターの「ゴルフE」を追加。また、量販車種である「GLi、CLi」のエンジン排気量を2リッターとし、8月23日より発売した。

新たに加わった「ゴルフE」は、新開発1.6リッター・オールアルミ製エンジンが採用されている。エアコン、パワーウィンドウ、MDデッキなどの快適装備に加え、前席フロント及びサイドエアバッグ、ABSなどの安全装備も標準で備えながらも、価格を229万円とすることでゴルフのエントリー・モデルとして設定されている。

また、最量販モデル「ゴルフCLi/GLi」には、従来の1.8リッターに代わり市街地などの低速走行での走りやすさが追求された2リッター・エンジンが搭載された。

VWゴルフの新モデル・ラインナップ
ゴルフE /1.6 SOHC     (229万円)
   CLi/2.0 SOHC     (253万円)
   GLi/2.0 SOHC     (270万円)
   GTI/1.8 DOHCターボ  (290万円〜299万円)
   GTX/1.8 DOHCターボ  (340万円)

1.6リッターの「ゴルフE」が登場しました。エントリーモデルとはいえ、サイドエアバッグまで標準装備されているのは、さすが真面目なゴルフといったところでしょうか。ノロマなカメじゃないといいけど。最量販車である「GLi/CLi」の1.8リッターエンジンの低速トルク不足を解決するために、2リッターになったと考えると少々気になります。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る