ルノー、「新型メガーヌ」を発売

1999.08.30 自動車ニュース
 
 
990830_050.gif

ルノー、「新型メガーヌ」を発売(8/30)

フランス・モーターズは、「ルノー・メガーヌ」のマイナーチェンジモデルを9月4日から発売する。

今回導入される「メガーヌ」シリーズは、5ドア・ハッチバックとカブリオレの2種。全車1.6リッター直4エンジンを搭載、右ハンドルとし、5ドア・ハッチバック・モデルは4AT、5MTの2タイプ、カブリオレ・モデルは4ATのみとなる。

外観で目を引くのは、2分割のグリルを持つ新しいフロント・マスク。内装は従来型に比べ品質の向上が図られている。エンジンもオイル・タペットの採用、中空カムシャフト、可変吸気、可変バルブ・タイミング機構が与えられるなど、従来型から刷新されている。

5MTのハッチバック「RXi」は、リアスポイラーやアロイホイール、ホワイトメーター・パネルなどを標準装備し、このシリーズのなかのスポーティ・モデルの役目をになっている。カブリオレにはリアシートを外し、外観が2シーター・ロードスターのようになる「ロードボックス」も用意されている。

ハッチバック・モデルは、ユーロNCAP(1999)による衝突安全テストで、スモール・ファミリーカー部門において最高評価の4つ星を獲得した。

価格は、ハッチバック「RXT」が235万円、「RXi」が245万円、カブリオレは315万円となる。

日産との提携ばかりが目立ったルノー。商品の良さも日本のユーザーに認識されるといいですね。でも、顔つきは先代のほうがヨカッタな。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る