日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売

1999.08.31 自動車ニュース
 
 
990831_051.gif

日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売(8/31)

日産自動車は「スカイライン 4ドアセダン」に特別仕様車「25GT FOUR L selection」を設定、8月24日より発売した。

「スカイライン25GT FOUR L selection」の特徴は、ベース車となる「25GT FOUR」の内外装を簡素化した点にある。具体的には「25GT FOUR」に標準装備されるUVカット断熱グリーンガラス、3本スポーク本革巻スポーツタイプステアリング、本革巻シフトノブ、本革巻パーキングブレーキレバーが省かれており、価格は249.8万円(5MT)となっている。

日産では合わせて「スカイライン」の4ドアセダン、2ドアクーペの2.5リッター直6ターボエンジンの5段MT車に、ヘリカル式LSDを標準装備した。これにより「車輛旋回時のレスポンスとコントロール性能をより向上させた」(広報資料)としている。こちらの価格は「25GT TURBO」の291.3万円からとなる。

ちなみに「ヘリカル式LSD」とは、ヘリカルギア(はすば歯車)を用い、左右輪の差動制限トルクを発生させることで、車輛旋回時などで内輪がスリップした場合でも外輪側へ駆動力伝達する仕組みなのだそうです。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • ホンダPCX(MR/CVT)/PCX150<ABS>(MR/CVT)【レビュー】 2018.4.25 試乗記 通勤やツーリングの友として絶大な人気を誇る、ホンダのスクーター「PCX」。“パーソナルコンフォートサルーン”という開発テーマを具体化した最新型は、クラスを超えた走りを味わわせてくれた。
  • 「三菱i-MiEV」が軽自動車から登録車へと区分変更 2018.4.19 自動車ニュース 三菱自動車は2018年4月19日、電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」に一部改良を実施し、販売を開始した。
ホームへ戻る