日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売

1999.08.31 自動車ニュース
 
 
990831_051.gif

日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売(8/31)

日産自動車は「スカイライン 4ドアセダン」に特別仕様車「25GT FOUR L selection」を設定、8月24日より発売した。

「スカイライン25GT FOUR L selection」の特徴は、ベース車となる「25GT FOUR」の内外装を簡素化した点にある。具体的には「25GT FOUR」に標準装備されるUVカット断熱グリーンガラス、3本スポーク本革巻スポーツタイプステアリング、本革巻シフトノブ、本革巻パーキングブレーキレバーが省かれており、価格は249.8万円(5MT)となっている。

日産では合わせて「スカイライン」の4ドアセダン、2ドアクーペの2.5リッター直6ターボエンジンの5段MT車に、ヘリカル式LSDを標準装備した。これにより「車輛旋回時のレスポンスとコントロール性能をより向上させた」(広報資料)としている。こちらの価格は「25GT TURBO」の291.3万円からとなる。

ちなみに「ヘリカル式LSD」とは、ヘリカルギア(はすば歯車)を用い、左右輪の差動制限トルクを発生させることで、車輛旋回時などで内輪がスリップした場合でも外輪側へ駆動力伝達する仕組みなのだそうです。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る