日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売

1999.08.31 自動車ニュース
 
 
990831_051.gif

日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売(8/31)

日産自動車は「スカイライン 4ドアセダン」に特別仕様車「25GT FOUR L selection」を設定、8月24日より発売した。

「スカイライン25GT FOUR L selection」の特徴は、ベース車となる「25GT FOUR」の内外装を簡素化した点にある。具体的には「25GT FOUR」に標準装備されるUVカット断熱グリーンガラス、3本スポーク本革巻スポーツタイプステアリング、本革巻シフトノブ、本革巻パーキングブレーキレバーが省かれており、価格は249.8万円(5MT)となっている。

日産では合わせて「スカイライン」の4ドアセダン、2ドアクーペの2.5リッター直6ターボエンジンの5段MT車に、ヘリカル式LSDを標準装備した。これにより「車輛旋回時のレスポンスとコントロール性能をより向上させた」(広報資料)としている。こちらの価格は「25GT TURBO」の291.3万円からとなる。

ちなみに「ヘリカル式LSD」とは、ヘリカルギア(はすば歯車)を用い、左右輪の差動制限トルクを発生させることで、車輛旋回時などで内輪がスリップした場合でも外輪側へ駆動力伝達する仕組みなのだそうです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る