日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売

1999.08.31 自動車ニュース
 
 
990831_051.gif

日産、「スカイライン」の特別仕様車を発売(8/31)

日産自動車は「スカイライン 4ドアセダン」に特別仕様車「25GT FOUR L selection」を設定、8月24日より発売した。

「スカイライン25GT FOUR L selection」の特徴は、ベース車となる「25GT FOUR」の内外装を簡素化した点にある。具体的には「25GT FOUR」に標準装備されるUVカット断熱グリーンガラス、3本スポーク本革巻スポーツタイプステアリング、本革巻シフトノブ、本革巻パーキングブレーキレバーが省かれており、価格は249.8万円(5MT)となっている。

日産では合わせて「スカイライン」の4ドアセダン、2ドアクーペの2.5リッター直6ターボエンジンの5段MT車に、ヘリカル式LSDを標準装備した。これにより「車輛旋回時のレスポンスとコントロール性能をより向上させた」(広報資料)としている。こちらの価格は「25GT TURBO」の291.3万円からとなる。

ちなみに「ヘリカル式LSD」とは、ヘリカルギア(はすば歯車)を用い、左右輪の差動制限トルクを発生させることで、車輛旋回時などで内輪がスリップした場合でも外輪側へ駆動力伝達する仕組みなのだそうです。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記