アルファロメオ、「166」を発売

1999.09.01 自動車ニュース
 
 
990901_011.gif

アルファロメオ、「166」を発売(9/1)

フィアットオートジャパンは、アルファロメオの新たな旗艦となる4ドアサルーン、「アルファ166」の発売を9月18日より開始する。

今回導入されるのは、シーケンシャル・モード付き4ATの「アルファ166」2.5V6 24V SPORTRONIC(スポトロニック)と3.0V6 24V SPORTRONICの2種で、いずれも右ハンドル仕様となる。

「アルファ166」は、1987年にデビューしたアルファロメオのフラッグシップ・モデル、「アルファ164」の後継モデルとして1998年10月にデビューした。全長×全幅×全高=4730×1815×1415mmで、ホイールベースは2700mm。外観は「ダブルショルダー」と呼ばれる凹型のボディ側面の処理が特徴的で、従来型よりも大型化しているのにもかかわらず、引き締まった印象を与えている。

内装装備の特筆としてはICS(インテグレーテッド・コントロール・システム)が挙げられる。センターコンソールに置かれる5インチモニターを介したこのシステムは、エアコン、ラジオ、トリップコンピューター、ナビゲーション・システムを集中コントロールする。

アルファの魂とも言えるエンジンは、2.5リッターV6が最高出力190ps/6200rpm、最大トルク22.6kgm/5000rpmを、3リッターV6が最高出力226ps/6200rpm、最大トルク28.0kgm/5000rpmを発生する。

「スポトロニック」と名づけられたマニュアルシフトゲートを持つ4ATは、左側のゲートに入れるとスポーツ・モード、そこからシフトゲートを前方に押すとシフトアップ、手前に引くとシフトダウンするというもの。サスペンションは、前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンクで新型ボディに合わせた新設計となる。

安全面では、欧州仕様ではオプションであったサイドエアバッグが標準で備わることが日本仕様の特徴となる。価格は2.5V6 24V SPORTRONICが515万円、3.0V6 24V SPORTRONICが600万円となる(東京地区)。

「アルファ166」の開発にあたっては、「アルファロメオ・ブランドのキャラクターを持っていること」が最も重要視されたそうです。それは、「スポーツの精神」を際立たせながらも快適性、安全性、スタイルを巧みにバランスさせていること。つまり、「アルファ166」は純粋なドライバーズ・カーなのです。う〜ん、乗ってみたい。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る