アウディ、新型「A8」を発売

1999.09.02 自動車ニュース
 
 
990902_002.gif

アウディ、新型「A8」を発売(9/2)

アウディジャパンは、マイナーチェンジを受けたアウディの旗艦「A8」の国内発売を8月31日より開始した。

昨年11月に本国ドイツで発表された新型「A8」は、94年にオールアルミ・ボディの量産車として登場したアウディを代表する高級サルーン「A8」が初めて大幅な変更を受けたもので、今回導入されるのはクワトロモデル(4WD)のみとなる。

外観はクリアガラスのヘッドライト、シャープな造形となったフロントグリルなどによって、従来型より精悍な印象を与えるものとなった。内装はデッシュボードおよびトリムの2トーン化、センターコンソール内のスイッチ形状変更、ダイオード管による間接照明の充実など高級サルーンにふさわしいインテリア空間を実現している。

クワトロ用の4.2リッターV8エンジンは、気筒あたり5バルブになり、3ステージ可変インテークマニホールド、可変カムシャフトやドライブ・バイ・ワイヤ式スロットルなどが与えられ、最高出力310ps/6200rpm、最大トルク41.8kgm/3000rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、5速ティプトロニック。

ランニング・ギアは基本的に変わらない。前が4リンク、リアはトラペゾイダルと呼ばれるマルチリンクとなる。ただし、ホイール・キャリア、フロント/リア・サスペンション・リンク、ブレーキ・キャリパー、ショックアブソーバー・マウント、ホイールはすべてアルミ製となり、バネ下重量の軽減が図られている。また、リア・サスペンションには、トラックロッドとカップリングロッドが追加され、コーナリング特性が向上された。

安全面では、側面衝突時に乗員の頭部を保護するサイドガードが追加装備された。サイドガードは、左右のルーフ・ライニングに装着されたエアバッグで、展開するとサイドウィンドウのほぼ全域がカバーされ、ドライバー、コ・ドライバーはもとより、リアシート外側に座る乗員の頭部を保護するというもの。このサイドガードは、約5秒間展開状態を維持し、万一の横転にも対応しているという。価格は1022万円。

ヨーロッパにおいては、プレミアム・ブランド「アウディ」のフラッグシップとして非常に評価の高い「A8」。ドイツのシュレーダー首相も乗っているそうです。日本でも、プレミアム・ブランドとしてのイメージづくりが、こういうクルマには必要なんだと思います。でも、小渕さんじゃなあ。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
ホームへ戻る