フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売

1999.09.03 自動車ニュース
 
 
990903_004.gif

フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売(9/3)

フォルクスワーゲンジャパンは、電動キャンバス・トップをもった「ポロ」の特別仕様車を8月31日より発売した。

「ポロ・オープンエア」と呼ばれる今回の特別仕様車は、2ドアの「ポロ」をベースに、電動スライディング・ルーフよりも広い開口部をもつ樹脂性トップが与えられたもの。

また、14インチ・アルミホイール、ホワイト・ターンシグナル・レンズ、ダーク・サイドレンズ、ダーク・テールレンズなど、外観も若干のドレスアップが図られている。価格は195万円で、全国300台の限定発売となる。

トップを開けると、ルーフ後方にキャンバス・トップが蛇腹に畳まれます。この畳まれたキャンバス・トップが、面白みのない「ポロ」のデザインにちょっとしたアクセントを与える結果となり、見る人を楽しい気分にさせてくれます。ただし、乗員は風きり音がうるさそう。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」発表会の会場から 2018.3.20 画像・写真 累計販売台数は1400万台! フォルクスワーゲン グループ ジャパンがコンパクトハッチバックの6代目「ポロ」の新型を日本で発表。新世代プラットフォーム「MQB」が使用された新型の姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(前編) 2018.4.19 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?
ホームへ戻る