フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売

1999.09.03 自動車ニュース
 
 
990903_004.gif

フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売(9/3)

フォルクスワーゲンジャパンは、電動キャンバス・トップをもった「ポロ」の特別仕様車を8月31日より発売した。

「ポロ・オープンエア」と呼ばれる今回の特別仕様車は、2ドアの「ポロ」をベースに、電動スライディング・ルーフよりも広い開口部をもつ樹脂性トップが与えられたもの。

また、14インチ・アルミホイール、ホワイト・ターンシグナル・レンズ、ダーク・サイドレンズ、ダーク・テールレンズなど、外観も若干のドレスアップが図られている。価格は195万円で、全国300台の限定発売となる。

トップを開けると、ルーフ後方にキャンバス・トップが蛇腹に畳まれます。この畳まれたキャンバス・トップが、面白みのない「ポロ」のデザインにちょっとしたアクセントを与える結果となり、見る人を楽しい気分にさせてくれます。ただし、乗員は風きり音がうるさそう。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.9 試乗記 運動性能と燃費性能を高次元で両立したという「フォルクスワーゲン・ポロ」のスポーツグレード「ブルーGT」の実力に触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る