フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売

1999.09.03 自動車ニュース
 
 
990903_004.gif

フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売(9/3)

フォルクスワーゲンジャパンは、電動キャンバス・トップをもった「ポロ」の特別仕様車を8月31日より発売した。

「ポロ・オープンエア」と呼ばれる今回の特別仕様車は、2ドアの「ポロ」をベースに、電動スライディング・ルーフよりも広い開口部をもつ樹脂性トップが与えられたもの。

また、14インチ・アルミホイール、ホワイト・ターンシグナル・レンズ、ダーク・サイドレンズ、ダーク・テールレンズなど、外観も若干のドレスアップが図られている。価格は195万円で、全国300台の限定発売となる。

トップを開けると、ルーフ後方にキャンバス・トップが蛇腹に畳まれます。この畳まれたキャンバス・トップが、面白みのない「ポロ」のデザインにちょっとしたアクセントを与える結果となり、見る人を楽しい気分にさせてくれます。ただし、乗員は風きり音がうるさそう。(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロ 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」の新型を発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも用いられる横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用。より洗練されたエクステリアデザインや最新のコネクティビティーも手に入れた、その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る