フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売

1999.09.03 自動車ニュース
 
 
990903_004.gif

フォルクスワーゲン、「ポロ」のオープンモデル発売(9/3)

フォルクスワーゲンジャパンは、電動キャンバス・トップをもった「ポロ」の特別仕様車を8月31日より発売した。

「ポロ・オープンエア」と呼ばれる今回の特別仕様車は、2ドアの「ポロ」をベースに、電動スライディング・ルーフよりも広い開口部をもつ樹脂性トップが与えられたもの。

また、14インチ・アルミホイール、ホワイト・ターンシグナル・レンズ、ダーク・サイドレンズ、ダーク・テールレンズなど、外観も若干のドレスアップが図られている。価格は195万円で、全国300台の限定発売となる。

トップを開けると、ルーフ後方にキャンバス・トップが蛇腹に畳まれます。この畳まれたキャンバス・トップが、面白みのない「ポロ」のデザインにちょっとしたアクセントを与える結果となり、見る人を楽しい気分にさせてくれます。ただし、乗員は風きり音がうるさそう。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
ホームへ戻る