ホンダ、ハイブリッドカー「インサイト」を発表

1999.09.08 自動車ニュース
 
 
990908_016.gif

ホンダ、ハイブリッドカー「インサイト」を発表(9/8)

本田技研工業は、パーソナルハイブリッドカー「インサイト」を発表、11月1日より発売する。

「インサイト」は、量産ガソリン車として世界に例を見ない超低燃費35km/リッターを実現した2人乗りのハイブリッドカーである。開発テーマとなったのは「パワーユニットの高効率化」「空力性能の追求」「車体の軽量化」で、世界最高の低燃費、排ガスのクリーン化、優れたリサイクル性を実現する一方、ホンダ独自のGコントロール技術により世界最高水準の衝突安全性を確保している。

全長×全幅×全高=3940×1695×1355mm。ホイールベースは2400mm。後輪が隠されたリアホイールスカートが特徴的な外観は、空力性能が徹底的に追求された結果で、Cd値(空気抵抗係数)は0.25という世界最高水準に達している。ボディは軽量化を実現するために、アルミの特性を最大限に活用した「新骨格アルミボディ」が採用され、車両重量はわずか820kgに押さえられている。

パワーユニットは、新開発の1リッター・リーンバーンVTECエンジンに薄型のモーターを組み合わせた「ホンダIMAシステム」と名付けられたハイブリッド機構となる。また、リーンバーン対応NOx吸着型キャタライザーなどにより、HC、CO、NOxの平成12年度規制を50%以上下回るクリーン性能を実現している。

トランスミッションは、5MTと無段変速のホンダマルチマチックSの2種類が用意されている。軽量化のためにアルミが多用されたサスペンションは前/マクファーソンストラット、後/トーションビーム。さらに、タイヤも新開発で、ころがり抵抗を約40%低減(同等サイズ比)したという。

価格は5MTが210万円、ホンダマルチマチックが218万円となる。「インサイト」はハイブリッド車ゆえ、取得税が2.2%軽減されるほか、クリーンエネルギー車として、補助金給付の対象になっているため、一定の条件を満たしていれば、24万円を上限とした補助金が給付される。

タイヤまで新開発したという徹底ぶりには感心しました。こういう細かいことをやらせると日本人はすごい、と外国の方々は思っているのではないでしょうか。一方、2人乗りというのがなんともホンダらしい、と私は思います。ところで、この外観と音もなく(モーターで)忍び寄れば、「ゴキブリみたい」と言ったら失礼ですよね。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インサイトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
ホームへ戻る