ホンダ、「S-MX」を5人乗りにマイナーチェンジ

1999.09.09 自動車ニュース
990909_017.gif

ホンダ、「S-MX」を5人乗りにマイナーチェンジ(9/9)

本田技研工業は、「S-MX」をマイナーチェンジし、9月2日より発売した。

マイナーチェンジされた「S-MX」は、乗車定員が従来の4人から5人になった。同時にフロントシートをセパレートタイプとし、リアシートを2分割可倒式することで機能性の向上が図られたことである。ただし、「ローダウン」仕様のみ従来の4人乗りを選択できる。

また、2リッター直4エンジンにも手が加えられた。燃費を向上させながら、最高出力が10ps(140ps/5500rpm)ほど高められている。さらに、新衝突安全ボディが新たに採用され、前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/hの衝突実験をクリアしたという。

価格は169万8000円から199万8000円まで(東京地区)。

NAVIで写真を撮ってもらっているKカメラマンによると、「S-MX」は前席のベンチシートを倒し、後席も倒してフルフラットにできるところが若者に受けているとのことでした。サイドウィンドウにブラック・フィルムを張り、倒したシートの上に敷く布団まで積んでいるオニーサンがいるそうです。中で何をするのかは、ご想像におまかせしますが、だとしたら、前席がセパレートじゃマズイのではないかと思います。品のない話でスイマセン。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。