ローバー、高級サルーン「ローバー75」の予約開始

1999.09.09 自動車ニュース
 
 
990909_018.gif

ローバー、高級サルーン「ローバー75」の予約開始(9/9)

ローバーグループジャパンは、新しい高級ブリティッシュサルーン「ローバー75」の予約を9月8日から開始した。

「ローバー75(セブンティファイブ)」は、BMW傘下になったローバーが初めて世に放つクルマで、1300億円の巨費を投じて完全自社開発された高級サルーンである。日本に導入されるモデルは2.5リッターV6エンジンを搭載した5ATモデルで、「コニサー」「クラブ」の2グレードが用意される。

美しくエレガントな外観には多くのクロームパーツが用いられ、英国車のもつ格式ある雰囲気が演出されている。全長×全幅×全高=4755×1780×1425mm。ホイールベースは2745mm。ボディパーツの40%に新製法の高剛性スティールを採用することによって、ボディのゆがみやねじれを抑え、あらゆる状況下でもきしみ音やガタつき音を防止し、室内の静粛性はクラストップレベルであるという。

インテリアにも英国伝統の本革とウォールナットがふんだんに用いられ、シートにはパンピングまでが施されている。また、ベージュのクラシックなバックのメーターパネルは、夜間オレンジ色のバックライトに浮かびあがるなど印象的な仕上がり。さらに、各スイッチ類、メーター形状、ドアノブなどはすべて楕円で統一されていて、美しいキャビンを構成している。

エンジンは「KV6」と呼ばれる「ローバー825」に使われた2.5リッターV6ユニットを改良したもので、最高出力177ps/6500rpm、最大トルク24.5kgm/4000rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、日本のJATCO製5AT。

サスペンションは前/マクファーソンストラット、後/マルチリンク。特にリアサスペンションは、BMWにならったもので乗り心地とハンドリングが向上されたという。

本国で17色用意されていた外装色のうち、標準色6色、注文色6色の計12色が日本仕様となった。レザーの内装色は「クラブ」は2色、「コニサー」は5色がボディ色にあわせて組み合わされている。価格は「コニサー」が469万円、「クラブ」が425万円。

今年3月に行われた試乗会では、日本人ジャーナリストのあいだで「ジャガーSタイプ」より英国車らしい、という声が多く聞かれた「ローバー75」。私は特に内装が好きです。編集部に送られてきたカタログを見て、ボディカラーと内装色の組み合わせを考えるのが楽しくなりました。いまどき、そんな気分にさせるクルマは珍しいと思います。皆さんも「東京モーターショー」でチェックしてみたらどうでしょう。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ローバー75サルーン(5AT)【試乗記】 2003.11.22 試乗記 ローバー75サルーン(5AT)
    ……398.0万円

    ラインナップを増やして、日本への再上陸を果たしたローバー&MG。『Car Graphic』誌の長期リポート車として、2年をともにした『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が、久々にステアリングホイールを握って……。


  • 【Movie】ローバー75サルーンが走る! 2003.9.18 自動車ニュース 英国の名門ブランドが日本に再びやってきた! 「MG」「ローバー」の正規輸入を始めた「MGローバー日本」が、去る2003年9月11日、神奈川県箱根でローバー2車種とMG3車種を用意したフルラインナップ試乗会を催した。会場にて試乗したクルマ報告ムービーの第1弾、ローバー「75サルーン」の姿をお送りする。
  • 特急インプレッション「ローバー75」 1999.10.7 自動車ニュース ローバージャパンでは10月9日より、ニューモデル「ローバー75」を発売する。BMWと共同開発した2.5リッター搭載の4ドアサルーンだ。「ローバー75」はヨーロッパで今年初頭発表されたニューモデルで、その名は1940年代の「ローバー75」に由来している。エンジンはKV6とよばれるローバー製2.5リッターV6で、最高出力は177馬力となる。日本に輸入されるのは2タイプ、「2.5クラブ」(425.0万円)と「2.5コニサー」(469.0万円)だ。後者には、前席パワーシート、シートポジションメモリー機構、助手席ランバーサポート、フロントフォグランプ、電動グラスサンルーフ、クルーズコントロール、6連奏CDチェンジャー+ハーマンカードンスピーカーシステムが備わる。僕はイギリスでこの「75」を数百キロ乗ったことがあるんです。そのときは、いいクルマだなあと思いました。ゆったりしていて、雰囲気があって、なかなか他では得難い存在だなあと。たしかに内外装の雰囲気はきわだったもので、輸入車の中心勢力であるドイツ車でも見られない「いいもの感」がありますね。日本で乗って見ると、シフトショックは少ないし、ハンドリングもスポーティなかんじがありますね。タイヤが細めの乗り心地重視というグッドイヤーを履いていたわりには、ハンドリングがきびきびしていますね。フロントサスペンションは接地性もよくて、これがスポーティな性格をかもしだしていますね。ところが「Zアクスル」とよばれるBMWオリジンのリアサスペンションはいまひとつなんです。ふたり乗車のときはリアがやや落ち着きなく感じますね。エンジンのまわりかたはスムーズで、トルクもそれなりに太いのですが、トランスミッションのシフトアップタイミングが性急で、エンジントルクを十分に伝えきれていないんですね。JATCO製の5段ATじたいは変速ショックが少なくシフトダウンもスムーズでいいものなんですが、エンジンとの統合制御のやりかたがいまひとつよくないんでしょう。ドイツ車に較べるとハードウェアの面では欠点も目立ちますが、ウッドとクロームと革をうまく使った室内など、「75」でなければ手にはいらないものも多いのは事実です。所有する喜びはかなりありますね。松本英雄小川フミオ(NAVI編集部)
  • ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)【試乗記】 2004.9.4 試乗記 ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)
    ……498.0万円/520.0万円

    昨2003年の夏から、日本への再上陸を果たしたローバー(&MG)。日本での売れ筋モデル「75サルーン」と「75ツアラー」がフェイスリフトを受けた。『webCG』コンテンツエディターのアオキが報告する。


  • ローバー75シリーズ【海外試乗記】 2004.11.5 試乗記 ローバー75シリーズ

    2003年7月から日本での販売が復活した「ローバー75」シリーズは、英国車の風情が色濃いミドルクラス。フォード製4.6リッターV8で後輪を駆動(!)する「V8」など、ユニークで多彩なラインナップを誇る最新モデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗がイギリスで乗った。


ホームへ戻る