三菱、「パジェロio」の装備を充実

1999.09.10 自動車ニュース
 
 
990910_021.gif

三菱、「パジェロio」の装備を充実(9/10)

三菱自動車は「パジェロio」をマイナーチェンジし、8月31日から発売した。

「パジェロio」の改良点は、機能装備の充実、「ZR」に2WDを追加、上級車「ZR-S」の新規追加、オプション「Cパッケージ」の設定などがあげられる。

外観上では、ボディ同色となるフロントバンパーコーナー、リアバンパー、ドアハンドル、ドアミラーの装着に加えて、リアスペアタイヤにホイールカバーが追加されている。さらに従来の外板色を見直し、新採用3色を含む全11色展開とした。

機能、装備面では、全車エアコンをフルオート化、3ドア車に電動格納式ドアミラーを装着、フロントワイパーを可変間欠式に変更、全車に助手席バニティミラーを追加したなどの改良が図られている。また、街乗り中心のユーザー向けに「ZR(3ドア、5ドア)」の2WD車を設定している。

新グレード「ZR-S」は、カーナビ+オーディオのシステム「三菱マルチコミュニケーションシステム(MMCS)」、ナルディ社製のウッド&レザーステアリングホイールを標準装備した最上級車で、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが用意されている。

メーカーオプションとなる「Cパッケージ」では、ルーフスポイラー、フロントフォグランプが追加。「エクステリアをよりスタイリッシュに演出した」と三菱ではしている。

新型「パジェロio」、価格は169.8万円からとなる。

パジェロioの5ドアおよび3ドアの4WD+4ATサンルーフ付車は、2010年の新燃費基準に対応しています。つまり、今年4月1日から実施されている低燃費車優遇税制の対象となり、自動車取得税1万5000円が軽減されるため、その分お得だということです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る