三菱、「パジェロio」の装備を充実

1999.09.10 自動車ニュース
 
 
990910_021.gif

三菱、「パジェロio」の装備を充実(9/10)

三菱自動車は「パジェロio」をマイナーチェンジし、8月31日から発売した。

「パジェロio」の改良点は、機能装備の充実、「ZR」に2WDを追加、上級車「ZR-S」の新規追加、オプション「Cパッケージ」の設定などがあげられる。

外観上では、ボディ同色となるフロントバンパーコーナー、リアバンパー、ドアハンドル、ドアミラーの装着に加えて、リアスペアタイヤにホイールカバーが追加されている。さらに従来の外板色を見直し、新採用3色を含む全11色展開とした。

機能、装備面では、全車エアコンをフルオート化、3ドア車に電動格納式ドアミラーを装着、フロントワイパーを可変間欠式に変更、全車に助手席バニティミラーを追加したなどの改良が図られている。また、街乗り中心のユーザー向けに「ZR(3ドア、5ドア)」の2WD車を設定している。

新グレード「ZR-S」は、カーナビ+オーディオのシステム「三菱マルチコミュニケーションシステム(MMCS)」、ナルディ社製のウッド&レザーステアリングホイールを標準装備した最上級車で、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが用意されている。

メーカーオプションとなる「Cパッケージ」では、ルーフスポイラー、フロントフォグランプが追加。「エクステリアをよりスタイリッシュに演出した」と三菱ではしている。

新型「パジェロio」、価格は169.8万円からとなる。

パジェロioの5ドアおよび3ドアの4WD+4ATサンルーフ付車は、2010年の新燃費基準に対応しています。つまり、今年4月1日から実施されている低燃費車優遇税制の対象となり、自動車取得税1万5000円が軽減されるため、その分お得だということです。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
パジェロイオ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「パジェロイオ」一部改良 2002.9.25 自動車ニュース 三菱自動車は、小型SUV「パジェロイオ」を一部改良し、2002年9月24日に発売した。
  • 三菱、「パジェロio」の装備を充実 1999.9.10 自動車ニュース 三菱自動車は「パジェロio」をマイナーチェンジし、8月31日から発売した。「パジェロio」の改良点は、機能装備の充実、「ZR」に2WDを追加、上級車「ZR-S」の新規追加、オプション「Cパッケージ」の設定などがあげられる。外観上では、ボディ同色となるフロントバンパーコーナー、リアバンパー、ドアハンドル、ドアミラーの装着に加えて、リアスペアタイヤにホイールカバーが追加されている。さらに従来の外板色を見直し、新採用3色を含む全11色展開とした。機能、装備面では、全車エアコンをフルオート化、3ドア車に電動格納式ドアミラーを装着、フロントワイパーを可変間欠式に変更、全車に助手席バニティミラーを追加したなどの改良が図られている。また、街乗り中心のユーザー向けに「ZR(3ドア、5ドア)」の2WD車を設定している。新グレード「ZR-S」は、カーナビ+オーディオのシステム「三菱マルチコミュニケーションシステム(MMCS)」、ナルディ社製のウッド&レザーステアリングホイールを標準装備した最上級車で、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが用意されている。メーカーオプションとなる「Cパッケージ」では、ルーフスポイラー、フロントフォグランプが追加。「エクステリアをよりスタイリッシュに演出した」と三菱ではしている。新型「パジェロio」、価格は169.8万円からとなる。パジェロioの5ドアおよび3ドアの4WD+4ATサンルーフ付車は、2010年の新燃費基準に対応しています。つまり、今年4月1日から実施されている低燃費車優遇税制の対象となり、自動車取得税1万5000円が軽減されるため、その分お得だということです。(Web CG 有吉)
  • 三菱、パジェロioに5ドア追加 1998.8.28 自動車ニュース 三菱自動車工業では1.8リッター「パジェロio(イオ)」に5ドア車を追加、8月24日より発売した。同時にピニンファリーナがデザインした「ソレント」も設定した。「パジェロio5ドア」は今年6月に発売された同車3ドアをやや大型化したモデルで、ホイールベースを170mm、全長を300mm延長してターゲットユーザーであるファミリー層への訴及をはかっている。エンジンは1.8リッター4気筒「GDI」で、130psの最高出力を発生する。これに新開発の「SS4-i(スーパーセレクト4WD-i)」と名づけたビスカスカプリング式フルタイム4WDシステムを組み合わせている。三菱自動車では1999年中頃をめどに欧州むけの「パジェロio」を生産してもらう契約をピニンファリーナ社と交わしているが、その一環として今回「ソレント」というモデルを設定した。ドライブトレーンもボディも基本的にはほかのモデルと同一だが、専用のカラースキームと、インテリアトリムを特徴としている。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る