スペシャルティクーペ「マーキュリークーガー」に乗る

1999.09.16 自動車ニュース
990916_028.gif

スペシャルティクーペ「マーキュリークーガー」に乗る(9/16)

NAVI編集部の「アオダン」こと、青木禎之編集部員が「マーキュリークーガー」を試乗した。

「マーキュリー・クーガー」 は、フォード・モーターカンパニーのなかで、マーキュリー・ディヴィジョンに属するスペシャルティクーペである。中身はヨーロッパフォードの開発した実用車「モンデオ」である。日本ではフォードジャパンが輸入、近鉄モータースが販売する。設定される仕様は、2.5リッターV6エンジンと4段ATの組み合わせのみ。

外観は、ニューエッジデザインと呼ばれる曲面をシャープな直線でつなげたスタイル。全長×全幅×全高=4700×1770×1325mm。ホイールベースは2702mm。

170ps/6250rpmの最高出力、22.8kgm/4250rpmの最大トルクを発生する2.5リッター「デュラテック」ユニットは、ガスペダルを踏み込むと大きめのうなり声を上げるが、オートマチック・トランスミッションのスリップが大きいので、予想するほどクルマは前に出ない。215/50R16という背伸びしたスポーティなサイズのタイヤが、足下でバタつくのも難点。

しかし、ダースベイダー似のフロントフェイスのおかげで、高速道路では前を行くクルマが道を空けてくれる。すくなくとも「目立つ」という最重要項目に関しては、オーナーを満足させることうけあいです。(NAVI編集部アオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。