フォード、「フリーダ」を一部改良

1999.09.24 自動車ニュース
990924_036.gif

フォード、「フリーダ」を一部改良(9/24)

フォード・ジャパンは、「フリーダ」のディーゼルエンジンを改良、11月1日より発売する。

今回の改良点は「フリーダ」の2.5リッター・ディーゼルターボエンジンを「1998年排ガス規制」に対応させたことにある。この改良にともない最高出力が125psから130psに向上された。

また、4WDモデルには、LSD(リミテッド・スリップ・デフ)を標準装備し、機能性向上がはかられた。価格は209.9万円〜334.8万円まで(東京、名古屋、大阪地区)。

フォード・ジャパンからのリリースでは、平成10年規制に対応したということですが、平成11年9月にこういう発表をするとはどういうものでしょうか? 空気の悪い国道16号線脇に住む私としては、もっと前にやってくれよ、と言いたい。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。