アウディ、「A6」をマイナーチェンジ

1999.09.29 自動車ニュース
 
 
990929_041.gif

アウディ、「A6」をマイナーチェンジ(9/29)

アウディジャパンは「A6」および「A6アバント」をマイナーチェンジし、9月27日より発売した。側面衝突時に乗員の頭部を保護する「サイドガード」等が追加装備されている。

「アウディA6」の小変更では標準装備の充実が行われた。最も特徴的な装備は「サイドガード」と呼ばれるサイドエアバッグ。左右のルーフライニングに装着されるもので、展開するとサイドウィンドウのほぼ全域がカバーされ、ドライバー、コドライバーはもとより、リアシート外側に座る乗員の頭部を保護するもの。約5秒間展開状態を維持し、万一の横転にも対応しているという。

その他の変更点は、ホイールを16インチに拡大したことをはじめ、パナソニック製の新型オーディオシステム「シンフォニー」の採用、マルティメディアステーションの機能向上があげられる。さらに最上グレード「A6 2.8クワトロ」「同アバント2.8クワトロ」にはティプトロニックセレクター付本革巻スポーツステアリングホイールが装着される。

アウディでは、今回のマイナーチェンジから「A6」を受注生産する「特別注文方式」を採用している。これにより外板色に特別色3色が加わったのをはじめ、セットオプション以外に個別のオプションが選択可能となった。さらに「2.8クワトロ」のセダン/アバントにおいて左ハンドル仕様車を選べるようにもなった。

「アウディA6」の価格は、セダンが「2.4」の499.0万円から、ワゴンは「アバント2.4クワトロ」の561.0万円からとなる。なお従来の「A6アバント2.4(前輪駆動)」は廃止されている。

「A6」は、アッパーミドルクラスにふさわしく内外装が豪華。なかでもそのエクステリアは曲線を基調とした流れるようなラインがカッコいいと思います。アウディの強調する「プレミアム」を感じさせる1台です。(Web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る