アウディ、「A6」をマイナーチェンジ

1999.09.29 自動車ニュース
 
 
990929_041.gif

アウディ、「A6」をマイナーチェンジ(9/29)

アウディジャパンは「A6」および「A6アバント」をマイナーチェンジし、9月27日より発売した。側面衝突時に乗員の頭部を保護する「サイドガード」等が追加装備されている。

「アウディA6」の小変更では標準装備の充実が行われた。最も特徴的な装備は「サイドガード」と呼ばれるサイドエアバッグ。左右のルーフライニングに装着されるもので、展開するとサイドウィンドウのほぼ全域がカバーされ、ドライバー、コドライバーはもとより、リアシート外側に座る乗員の頭部を保護するもの。約5秒間展開状態を維持し、万一の横転にも対応しているという。

その他の変更点は、ホイールを16インチに拡大したことをはじめ、パナソニック製の新型オーディオシステム「シンフォニー」の採用、マルティメディアステーションの機能向上があげられる。さらに最上グレード「A6 2.8クワトロ」「同アバント2.8クワトロ」にはティプトロニックセレクター付本革巻スポーツステアリングホイールが装着される。

アウディでは、今回のマイナーチェンジから「A6」を受注生産する「特別注文方式」を採用している。これにより外板色に特別色3色が加わったのをはじめ、セットオプション以外に個別のオプションが選択可能となった。さらに「2.8クワトロ」のセダン/アバントにおいて左ハンドル仕様車を選べるようにもなった。

「アウディA6」の価格は、セダンが「2.4」の499.0万円から、ワゴンは「アバント2.4クワトロ」の561.0万円からとなる。なお従来の「A6アバント2.4(前輪駆動)」は廃止されている。

「A6」は、アッパーミドルクラスにふさわしく内外装が豪華。なかでもそのエクステリアは曲線を基調とした流れるようなラインがカッコいいと思います。アウディの強調する「プレミアム」を感じさせる1台です。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
  • アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入 2016.10.25 自動車ニュース アウディが新型「S4/S4アバント」の日本導入を発表した。S4はDセグメントモデル「A4」の高性能バージョンであり、今回の新型では最高出力354ps、最大トルク51.0kgmの3リッターV6ターボエンジンが搭載されている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る