アウディ、「A6」をマイナーチェンジ

1999.09.29 自動車ニュース
 
 
990929_041.gif

アウディ、「A6」をマイナーチェンジ(9/29)

アウディジャパンは「A6」および「A6アバント」をマイナーチェンジし、9月27日より発売した。側面衝突時に乗員の頭部を保護する「サイドガード」等が追加装備されている。

「アウディA6」の小変更では標準装備の充実が行われた。最も特徴的な装備は「サイドガード」と呼ばれるサイドエアバッグ。左右のルーフライニングに装着されるもので、展開するとサイドウィンドウのほぼ全域がカバーされ、ドライバー、コドライバーはもとより、リアシート外側に座る乗員の頭部を保護するもの。約5秒間展開状態を維持し、万一の横転にも対応しているという。

その他の変更点は、ホイールを16インチに拡大したことをはじめ、パナソニック製の新型オーディオシステム「シンフォニー」の採用、マルティメディアステーションの機能向上があげられる。さらに最上グレード「A6 2.8クワトロ」「同アバント2.8クワトロ」にはティプトロニックセレクター付本革巻スポーツステアリングホイールが装着される。

アウディでは、今回のマイナーチェンジから「A6」を受注生産する「特別注文方式」を採用している。これにより外板色に特別色3色が加わったのをはじめ、セットオプション以外に個別のオプションが選択可能となった。さらに「2.8クワトロ」のセダン/アバントにおいて左ハンドル仕様車を選べるようにもなった。

「アウディA6」の価格は、セダンが「2.4」の499.0万円から、ワゴンは「アバント2.4クワトロ」の561.0万円からとなる。なお従来の「A6アバント2.4(前輪駆動)」は廃止されている。

「A6」は、アッパーミドルクラスにふさわしく内外装が豪華。なかでもそのエクステリアは曲線を基調とした流れるようなラインがカッコいいと思います。アウディの強調する「プレミアム」を感じさせる1台です。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る