ホンダのワゴン「アヴァンシア」に乗る

1999.09.29 自動車ニュース
 
 
990929_042.gif

ホンダのワゴン「アヴァンシア」に乗る(9/29)

ホンダが9月15日より発売したワゴン「アヴァンシア」に試乗した。

「ホンダ アヴァンシア」は高級感と広い室内空間が売りの4ドア+テールゲートのワゴン。特徴は快適装備がそろうインテリア、新意匠の外観、滑らかで安定した走りと乗り心地、にあるという。(詳しくは9月16日付WebCGニュースを参照されたし。)


外観は地味だけど、乗り込むと謳い文句通りの広い室内空間に驚きましたね。とくにV6モデルのベージュの内装は品が良くていい感じ。

スウェード調ファブリックと合皮を組み合わせたシート地や内張りに力が入っているだけに、かえってインパネやウィンカーのスイッチなどのプラスチック部品の安っぽさが気になったけど、値段を考えればしょうがないかな、と。

最初に乗ったのは3リッターV6。低中速域のトルクを太らせて乗りやすくした新開発のV-TECエンジンですね。平成12年排出ガス規制値を50パーセント以上下回るLEV仕様というのも「売り」ですが。

このエンジンはすっごくトルキーで、車重が1600kgもあるのを全然感じさせませんでした。また高回転域までスムーズで音も静かなので、止まってるときより走らせているときのほうが「高級」に思えたな。

僕はボディの重さが乗り心地に効いていると思いました。ハンドリングもセダンに近い感じで、ミニバンにありがちな腰高感はまったくなかったですね。

いっぽうその後に乗った2.5リッター4気筒は上まで回すとエンジン音や振動が大きめで、乗り心地も含めてV6に較べるとややガサツな感じがしました。とはいえ街中などで乗るには十分なんですが。

2.5リッターはベージュの内装が選べないというのがネックですね。

結論を言うと、V6のほうがアヴァンシアのコンセプトに合っていると思います。269.5万円という価格も、内容を考えればお買い得じゃないかと。

NAVI編集部 カワニシ

松本英雄

写真=河野敦樹

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・アコードワゴン タイプS(FF/5AT)【試乗記】 2006.1.13 試乗記 ホンダ・アコードワゴン タイプS(FF/5AT)
    ……370万6500円

    2005年11月24日、ホンダ「アコード」がマイナーチェンジされ、2.4リッター+5段AT仕様のスポーティモデル「タイプS」が追加設定された。そのワゴン版に試乗した。


  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る