鈴木亜久里、ディアブロに乗る

1999.09.30 自動車ニュース
990930_043.gif

鈴木亜久里、ディアブロに乗る(9/30)

NAVI 12月号の「鈴木亜久里の全部書いてね」では、ランボルギーニ・ディアブロを取り上げます。

なぜいまディアブロなのかというと、昨年エンジンに改良が加えられ、今年に入っ てからはエクステリアにも手が加えられたからです。それを知った亜久里が、ぜひ乗ってみたいと、試乗が実現したのです。

「ディアブロは発表された時から欲しくって、ランボルギーニの工場で受け取って、 そのまま運転してモナコまで運転して帰って来たんだよ」

ディアブロが発表されたのは、1990年。その時、亜久里はラルース・ランボルギーニに乗って、グランプリを戦っていた。ワークスドライバーだということで、ランボルギーニでも生産を開始して数台目のディアブロを渡してくれた。

「嬉しかったなぁ。ランボルギーニで働いている人たちが門のところで見送ってくれて、こっちもそれに応えて、ブワンッてエンジンを吹かして工場を出たんだけど、良かったのはそこまで(笑)。」

そこまで?

「そう、高速道路のコーナーでシャシーがグニャグニャよじれるんだ。どこに飛んでいくかわからない。怖かったよぉ。あと、車庫入れが大変なんだ。だから、3000キロぐらいで売っちゃった」

果たして、ディアブロは進化しているでしょうか。亜久里の判定はいかに。(文=金子浩久)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。