BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始

2012.07.20 自動車ニュース

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始

BMWジャパンとタイムズ24は2012年7月20日、BMWの電気自動車「アクティブE」をタイムズ24が運営するカーシェアリングサービス「TimesPLUS(タイムズプラス)」の車両として導入し、合同実証試験を開始すると発表した。

「アクティブE」は「BMW 1シリーズ」をベースにした電気自動車。最高出力170ps、最大トルク25.5kgmのモーターをリアアクスルに搭載、0-100km/hを9秒で加速する。リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続可能距離は約160km、最高速度は145km/h。
今回の合同実証試験では「タイムズステーション有楽町イトシア」に2台、「タイムズステーション池袋」「タイムズステーション横浜山下町」に1台ずつの、計4台が導入され、本日よりサービスが提供される。

タイムズ24は自社のコインパーキングを利用したカーシェアリングサービス「TimesPLUS」や、充電設備を備えた駐車場「パーク&チャージ」を展開している。
「アクティブE」の利用料金は15分ごとに400円。通常の「TimesPLUS」とは異なり、マツダレンタカーの店舗で貸出、返却を行う。

(工藤考浩)

写真は欧州仕様の「アクティブE」。
写真は欧州仕様の「アクティブE」。

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始の画像

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る