BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始

2012.07.20 自動車ニュース

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始

BMWジャパンとタイムズ24は2012年7月20日、BMWの電気自動車「アクティブE」をタイムズ24が運営するカーシェアリングサービス「TimesPLUS(タイムズプラス)」の車両として導入し、合同実証試験を開始すると発表した。

「アクティブE」は「BMW 1シリーズ」をベースにした電気自動車。最高出力170ps、最大トルク25.5kgmのモーターをリアアクスルに搭載、0-100km/hを9秒で加速する。リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続可能距離は約160km、最高速度は145km/h。
今回の合同実証試験では「タイムズステーション有楽町イトシア」に2台、「タイムズステーション池袋」「タイムズステーション横浜山下町」に1台ずつの、計4台が導入され、本日よりサービスが提供される。

タイムズ24は自社のコインパーキングを利用したカーシェアリングサービス「TimesPLUS」や、充電設備を備えた駐車場「パーク&チャージ」を展開している。
「アクティブE」の利用料金は15分ごとに400円。通常の「TimesPLUS」とは異なり、マツダレンタカーの店舗で貸出、返却を行う。

(工藤考浩)

写真は欧州仕様の「アクティブE」。
写真は欧州仕様の「アクティブE」。

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始の画像

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 特集 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る