BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始

2012.07.20 自動車ニュース

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始

BMWジャパンとタイムズ24は2012年7月20日、BMWの電気自動車「アクティブE」をタイムズ24が運営するカーシェアリングサービス「TimesPLUS(タイムズプラス)」の車両として導入し、合同実証試験を開始すると発表した。

「アクティブE」は「BMW 1シリーズ」をベースにした電気自動車。最高出力170ps、最大トルク25.5kgmのモーターをリアアクスルに搭載、0-100km/hを9秒で加速する。リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続可能距離は約160km、最高速度は145km/h。
今回の合同実証試験では「タイムズステーション有楽町イトシア」に2台、「タイムズステーション池袋」「タイムズステーション横浜山下町」に1台ずつの、計4台が導入され、本日よりサービスが提供される。

タイムズ24は自社のコインパーキングを利用したカーシェアリングサービス「TimesPLUS」や、充電設備を備えた駐車場「パーク&チャージ」を展開している。
「アクティブE」の利用料金は15分ごとに400円。通常の「TimesPLUS」とは異なり、マツダレンタカーの店舗で貸出、返却を行う。

(工藤考浩)

写真は欧州仕様の「アクティブE」。
写真は欧州仕様の「アクティブE」。

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始の画像

BMW、電気自動車のカーシェアリングを開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る