ポルシェ、新工場で新型SUVの生産を決定

1999.10.05 自動車ニュース
991005_004.gif

ポルシェ、新工場で新型SUVの生産を決定(10/5)

ポルシェAGは、新しいスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)の生産を、ドイツ、ライプツィヒ市の新工場で行うことを決定した。

ライプツィヒの新工場は、シュトゥットガルト/ツッフェンハウゼンにあるポルシェの本社工場およびVW社の工場と連携生産システムを形成する。ちなみに、心臓部にあたるエンジンは、現在ボクスター、911のそれが製造されているツッフェンハウゼン工場で生産される。

ライプツィヒ新工場は、現在建築中で2001年には車両が出荷できるという。新SUVの発売開始は2002年になる見込みで、ポルシェは10億マルク以上を投じて開発するこのニューモデルを全世界で2万台以上販売する予定である。もちろん、大半が北米に向け輸出される。

VWのSUVとプラットフォームを共有することになるわけですが、両モデルの開発はポルシェ主導で進められ、ドイツのバイザッハに拠点を置くポルシェ研究開発センターが中心的役割を演じることになっているそうです。それにしても、アメリカのSUV販売絶好調状態はいつまで続くのでしょうか。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。