オーディオ付の「ワゴンRプラス」特別仕様車

1999.10.07 自動車ニュース
 
 
991007_006.gif

オーディオ付の「ワゴンRプラス」特別仕様車(10/7)

スズキは「ワゴンRプラス」に特別仕様車「XVエクストラ」を設定、10月1日より発売した。

「ワゴンRプラス XVエクストラ」は、廉価グレード「XV」をベースに、オーディオ装備を充実したモデル。アゼスト製2DINサイズのAM/FMラジオ付カセットステレオ+CDプレーヤーが装着される。加えて、フルホイールキャップが備わるほか、ドアハンドルおよびサイドモールの外板色同色化もされている。外板色は3色、シルバー、ブラック、パールホワイト(2.0万円高)から選べる。

価格はベース車より1万円高で、118.8万円(2WD)、128.5万円(4WD)となる。

スズキ株式会社「ワゴンRプラス」サイト:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/plus/frame.htm

「ワゴンRプラス」の比較的簡素なインパネに、アゼストの2DINデッキが妙によく目立っています。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る