第254回:「シトロエン・メアリ」復活!? プジョー・シトロエン8000人解雇で考えた処方箋

2012.07.20 エッセイ

第254回:「シトロエン・メアリ」復活!? プジョー・シトロエン8000人解雇で考えた処方箋

バカンス前に投下された“爆弾”

フランスで7月14日は「Quatorze Juillet」といわれ、革命記念日である。毎年このあたりからバカンスの雰囲気が一気にブーストする。しかし今年は浮かれムードを吹き飛ばすニュースがその2日前にフランス中を駆け巡った。発表したのは、PSAプジョー・シトロエン(以下PSA)だ。
同グループはフランス国内で8000人の従業員を解雇するとし、その一環として現在3000人以上が働くオルネー・スー・ボワ工場を2014年に閉鎖するとしたのだ。

オルネー・スー・ボワ工場は、パリ郊外にあるPSAの主要生産拠点である。シャルル・ド・ゴール空港から市街に向かう高速道路沿いにあるので、空港バスの車窓から見たことがある読者もいるのではないだろうか。
歴史をひもとくと、旧シトロエンによって創業地ジャヴェルに代わる工場として、1973年に「シトロエンDS」の生産で操業が開始され、現在は「シトロエンC3」を生産している。

また、現在「プジョー508」「シトロエンC5」「シトロエンC6」を生産しているレーヌ工場でも1400人級の人員削減が行われ、研究開発部門などでも3600人の削減が実施されるという。

フランスでは1992年にルノーがビヤンクール工場を閉じて以来20年ぶりの自動車工場閉鎖となる。今回の従業員解雇の背景にあるのは、欧州における販売台数の低下だ。PSAの2012年上半期の販売台数は前年同期比でマイナス13%。特に南欧での不振が影響した。それを受けて、欧州全体のPSAの工場稼働率は2011年の86%から76%にまで低下している。

PSAとしては、「シトロエンDS3」や「シトロエンC3」「プジョー208」を製造しているポワシー工場に1500人を配置転換させることも検討しているといわれる。またフランス国鉄SNCFなどは、解雇されるPSA従業員の一部を雇用する旨を公表しているが、本稿執筆時点までに詳細な説明はない。

「シトロエンC5」の生産ライン。PSAプジョー・シトロエンのレンヌ工場。(写真=PSAプジョー・シトロエン)
第254回:「シトロエン・メアリ」の復活!? プジョー・シトロエン8000人解雇で考えた処方箋
PSAポワシー工場。その歴史は1938年のフランス・フォード工場にさかのぼる。
第254回:「シトロエン・メアリ」の復活!? プジョー・シトロエン8000人解雇で考えた処方箋
第254回:「シトロエン・メアリ」の復活!? プジョー・シトロエン8000人解雇で考えた処方箋

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。