アウディ、「TT」を回収

1999.10.13 自動車ニュース
 
 
991013_028.gif

アウディ、「TT」を回収(10/13)

アウディAGは、「TT」のサスペンション(スタビライザー)を改良するとともに、すでにオーナーに引き渡された車両を回収、無償で交換を行うと発表した。

ドイツのニュースグラビア誌「シュテルン」や自動車雑誌「アウトモトール・ウント・シュポルト」は、アウディTTの高速走行時の旋回性能において、操縦安定性に問題があると指摘、その原因はサスペンション・セッティングにあるのではないかというコメントを発表していた。

これに関して10月7日、アウディAGは「すでに改良済みのスタビライザーが、来週のプロダクトからは導入されており、すでにオーナーに引き渡された車両への追加取り付けもできるかぎり早急に行いたい」と発表した。

「アウトモトール・ウント・シュポルト(8月21日号)」によると、アウディは、フロントのスタビライザーを1ミリ太く、リアのそれを1ミリ細くする改良を2000年5月に、そしてESP(=電子制御安定化装置)を1999年12月なかばより導入する予定だと報じていた。

10月7日のアウディからの発表は、スタビライザーの改良が早まったことを伝えているが、ESPの装着、および改良対象が全モデル(4WD、FF)なのかどうかという点については明言していない。

アウディ・ジャパンからは、おそらく今週中になんらかのコメントが発表される予定である。

アウディ・ジャパン「TT」サイト:
http://www.audi.co.jp/news/tt_frame.html
アウディAG「TT」サイト:
http://www.audi-tt.com/tt-event/start_en.html

「アウディTTクーペ」を先日発表し、日本におけるアウディのイメージ・アップを図るアウディ・ジャパンにとっては、なんとも頭の痛いニュースが飛びこんできました。前述の「アウトモトール・ウント・シュポルト」には、TTが横転しているショッキングな写真が掲載されており、アウディAGも思いきった回収策に踏み切ったようです。アウディ・ジャパンからのコメントは、日本のユーザーには改良後のものが導入されます、という内容になるものと思われます。(Web CGあらい)

 
 
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る