ポルシェ、「ボクスターS」「ニューボクスター」を発売

1999.10.14 自動車ニュース
 
 
991014_032.gif

ポルシェ、「ボクスターS」「ニューボクスター」を発売(10/14)

ポルシェジャパンは、10月9日より「ポルシェ・ボクスターS」と「ニューボクスター」の両モデルを全国の正規代理店より発売した。

「ボクスターS」は、1996年に新世代水冷ポルシェとしてデビューした「ポルシェ・ボクスター」の高性能版である。ミドに搭載された3.2リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力252ps/6250rpm、最大トルク31.1kgm/4500rpmを発生、911と同じ6速マニュアルまたは5速ティプトロ(=ティプトロニックS)のギアボックスを介して、260km/h(テイプトロは255km/h)の最高速を与える。

「ニューボクスター」は先代の2.5リッター水平対向6気筒エンジンを2.7リッターに拡大したモデルで、こちらのエンジンは最高出力220ps/6400rpm、最大トルク26.5kgm/4750rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、5MTまたは「ボクスターS」と同じ5速ティプトロニックSとなる。

両モデルに採用された5速ティプトロニックSには、セレクトレバーがDレインジにあっても、ステアリング・ホイールにあるスイッチの操作によって、マニュアル・シフトが可能な新機能が付加されている。

「ボクスターS」における「ニューボクスター」との外観上の違いは、チタンカラーのフロント・エアインレット、2本出しになったテール・パイプ、17インチのホイールとそこからチラッと見える真紅のブレーキ・キャリパーである。

インテリアは、アルカンタラ張りになったシートをはじめ、センター・コンソールやダッシュボードなどがソフトなブラック塗装仕上げになったことで、両モデルとも先代からグレードアップした印象を与える。

安全面で特筆すべきことは、「POSIP」(ポルシェ側面衝突保護システム)と呼ばれるサイド・エアバッグ・システムが導入されたことである。この左右のサイド・エアバッグは電動トップを開けた状態でも機能するように設計されており、オープン・エア・モータリングのための理想的なサイド・エアバッグとなっている。

「ボクスターS」の価格は、6MTが710.0万円、5速ティプトロニックSは770.0万円となる。「ニューボクスター」の価格は据え置きとなった。5MTが610.0万円、5速ティプトロニックSは670.0万円である。

独ポルシェ「ボクスター」サイト:
http://www.porsche.com/english/boxster/default.htm

最近、「ボクスター」が非常にカッコイイと思っている私は、両モデルの価格差100万円が気になります。やっぱり、エンジンだけでなく、シャシーとサスペンションにも手が加えられ、ブレーキも911のものを基本に一新された「ボクスターS」がいいかなあ? 見た目がほとんど違わないところがまたいいんだなあ。買えないけど。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
ボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る