アウディジャパン、「A3」のラインナップを変更

1999.10.18 自動車ニュース
 
 
991018_036.gif

アウディジャパン、「A3」のラインナップを変更(10/18)

アウディジャパンは、「A3」のラインナップを変更、10月12日から発売した。

ベーシック・モデルは2ドアから4ドアに、1.8リッター+ターボのスポーティ・モデルは、アウディTTに採用された新クワトロシステムが導入された4WDとしたのが今回の商品変更である。

4ドアになったベーシック・モデル、「A3  1.8」のそのほかの変更点は、標準色3色に加え、特別注文色(ブリリアントイエロー、マヤイエローメタリック、コーンフラワーブルー)が設定されたことやシート地に高品質の素材が使われていることである。

さて、2ドアのスポーティ・モデル、「A3  1.8Tクワトロ」が四輪駆動方式になったことで、アウディは「A3」から「A8」まで全シリーズにクワトロ・システムを装備したことになる。

「A3  1.8Tクワトロ」のクワトロ・システムはアウディTTと同様、電子制御式油圧プレート・カップリングとなる。カルダン・シャフトとリア・アクスル・ディファレンシャルの間に取り付けられたカップリングは、オイルの中で動いているプレートが適当な油圧力によって、それに応じたトルクをリア・アクスルへ伝えるというシステムだ。この圧力はフロント・アクスル、エンジン回転数そしてトルクにおけるトラクションの状態に左右され、常に最適な推進力を確保するよう制御される。

「A3  1.8Tクワトロ」に組み合わされるトランスミッションは5MTのみ。価格は「A3 1.8」が299.0万円、「A3  1.8Tクワトロ」が317.0万円。

アウディジャパン「A3」サイト:
http://www.audi.co.jp/models/index.html

日本市場においてもプレミアム・ブランドの地位を築くために、アウディジャパンは頑張っています。私は、クワトロ・モデルが登場したことよりも注文色が設定されたことのほうに拍手を送りたい。自動車に個性の表現を求めるユーザーに対しての誠意を感じるから。(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る