アウディジャパン、「A3」のラインナップを変更

1999.10.18 自動車ニュース
 
 
991018_036.gif

アウディジャパン、「A3」のラインナップを変更(10/18)

アウディジャパンは、「A3」のラインナップを変更、10月12日から発売した。

ベーシック・モデルは2ドアから4ドアに、1.8リッター+ターボのスポーティ・モデルは、アウディTTに採用された新クワトロシステムが導入された4WDとしたのが今回の商品変更である。

4ドアになったベーシック・モデル、「A3  1.8」のそのほかの変更点は、標準色3色に加え、特別注文色(ブリリアントイエロー、マヤイエローメタリック、コーンフラワーブルー)が設定されたことやシート地に高品質の素材が使われていることである。

さて、2ドアのスポーティ・モデル、「A3  1.8Tクワトロ」が四輪駆動方式になったことで、アウディは「A3」から「A8」まで全シリーズにクワトロ・システムを装備したことになる。

「A3  1.8Tクワトロ」のクワトロ・システムはアウディTTと同様、電子制御式油圧プレート・カップリングとなる。カルダン・シャフトとリア・アクスル・ディファレンシャルの間に取り付けられたカップリングは、オイルの中で動いているプレートが適当な油圧力によって、それに応じたトルクをリア・アクスルへ伝えるというシステムだ。この圧力はフロント・アクスル、エンジン回転数そしてトルクにおけるトラクションの状態に左右され、常に最適な推進力を確保するよう制御される。

「A3  1.8Tクワトロ」に組み合わされるトランスミッションは5MTのみ。価格は「A3 1.8」が299.0万円、「A3  1.8Tクワトロ」が317.0万円。

アウディジャパン「A3」サイト:
http://www.audi.co.jp/models/index.html

日本市場においてもプレミアム・ブランドの地位を築くために、アウディジャパンは頑張っています。私は、クワトロ・モデルが登場したことよりも注文色が設定されたことのほうに拍手を送りたい。自動車に個性の表現を求めるユーザーに対しての誠意を感じるから。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディ、マイナーチェンジした「A3」を発売 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、マイナーチェンジによりデザインやエンジンのアウトプット、装備の内容を変更した「A3」「S3」を発表し、同日より販売を開始した。
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る