アウディ、「S4アバント」を発売

1999.10.19 自動車ニュース
 
 
991019_038.gif

アウディ、「S4アバント」を発売(10/19)

アウディジャパンは、高性能スポーツセダン「S4」をベースにしたスポーツワゴン「S4アバント」を10月14日より発売した。

2.7リッターV6エンジンにツインターボを付加した強力なパワーユニットは、最高出力265ps/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1850〜3600rpmを発する。このV6ツインターボのハイパワーは、6速マニュアル・ギアボックスとアウディお馴染みのクワトロ・システムを介してトラクションへと変換される。結果は、0〜100km/h加速がわずか5.8秒という俊足ぶりに表れ、まさに疾風怒濤の走りが「S4アバント」の特徴である。

ハイパワーエンジンに合わせて、ブレーキシステムも強化。フロント、リアともに大径ベンチレーテッド・ディスクを採用、これにアルミ製キャリパーが組み合わされ、理想的な制動力を確保している。

安全面で特筆すべきは、新「A4」同様、頭部を保護する「サイドカーテン」が標準装備されたこと。価格は744.0万円。

アウディジャパンの「S4」サイト:
http://www.audi.co.jp/showroom/S4/index.html

「S」の起源は、世界ラリー選手権にセンセーションを巻き起こした初代クワトロ「クワトロ・シュポルトS1」だと言われています。以来、アウディにとって「S」とつくスポーツ・モデルはすべてクワトロ・システムが採用されています。言いかえれば、クワトロ・システムとはアウディにとって、安全走行というよりもスポーティ走行のためのシステムなのです。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
S4S4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る