アウディ、「S4アバント」を発売

1999.10.19 自動車ニュース
 
 
991019_038.gif

アウディ、「S4アバント」を発売(10/19)

アウディジャパンは、高性能スポーツセダン「S4」をベースにしたスポーツワゴン「S4アバント」を10月14日より発売した。

2.7リッターV6エンジンにツインターボを付加した強力なパワーユニットは、最高出力265ps/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1850〜3600rpmを発する。このV6ツインターボのハイパワーは、6速マニュアル・ギアボックスとアウディお馴染みのクワトロ・システムを介してトラクションへと変換される。結果は、0〜100km/h加速がわずか5.8秒という俊足ぶりに表れ、まさに疾風怒濤の走りが「S4アバント」の特徴である。

ハイパワーエンジンに合わせて、ブレーキシステムも強化。フロント、リアともに大径ベンチレーテッド・ディスクを採用、これにアルミ製キャリパーが組み合わされ、理想的な制動力を確保している。

安全面で特筆すべきは、新「A4」同様、頭部を保護する「サイドカーテン」が標準装備されたこと。価格は744.0万円。

アウディジャパンの「S4」サイト:
http://www.audi.co.jp/showroom/S4/index.html

「S」の起源は、世界ラリー選手権にセンセーションを巻き起こした初代クワトロ「クワトロ・シュポルトS1」だと言われています。以来、アウディにとって「S」とつくスポーツ・モデルはすべてクワトロ・システムが採用されています。言いかえれば、クワトロ・システムとはアウディにとって、安全走行というよりもスポーティ走行のためのシステムなのです。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る