アウディ、「A4」シリーズに「サイドガード」を装着

1999.10.19 自動車ニュース
 
 
991019_039.gif

アウディ、「A4」シリーズに「サイドガード」を装着(10/19)

アウディジャパンは、「A4」「A4アバント」に側面衝突時に乗員の頭部を保護する「サイドガード」を標準装備し、10月14日から発売した。

100カ所以上のリファインを受け、4年ぶりにマイナーシェンジされた「A4」が日本に上陸したのは、今年の6月。このときに見送られた安全装備「サイドガード」が標準装備されたことが、今回の主な仕様変更となる。

頭部を保護するエアバッグ「サイドガード」の容量は約25リッター。側面からの衝撃を感知すると、ルーフレールからブラインドのように下りてくるこのエアバッグは、わずか0.025秒で完全に開く。そして、5秒間はそのままの状態に保たれる。これは、側突に続く横転に際してもパッセンジャーが外部に放り出されることを防ぐためだ。ちなみに、ドイツの統計では、サイドクラッシュは事故全体のわずか25%にすぎないが、死亡に至った乗員はそのうち50%にも及ぶという。

また、ボディカラーも6色(3色は特別注文色)に拡大され、個性的なユーザーの希望に応えられるように設定変更された。

新価格は、「A4」1.8が353.0万円、「A4」2.4が430.0万円、同クワトロが472.0万円、「A4アバント」1.8が370.0万円、同2.4クワトロが489.0万円。「A4」1.8Tクワトロの価格は未定。

アウディジャパンの「A4」サイト:
http://www.audi.co.jp/showroom/A4/index01.htm

マイナーチェンジされた「A4」が本国で発表されたとき、この「サイドガード」を大きくアピールしていました。今回、日本仕様に標準装備されたことによって、本当の意味でマイナーチェンジされた「A4」が導入された、と言っていいでしょう。できれば、本国同様、いろいろな内装(なんと36通り!)が選べる設定も実現して欲しいと思います。(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る