トヨタ、ヴィッツに新しい2グレードを追加

1999.10.22 自動車ニュース
 
 
991022_047.gif

トヨタ、ヴィッツに新しい2グレードを追加(10/22)

トヨタ自動車は、ヴィッツに2つの新グレード「U ユーロスポーツエディション」「クラヴィア」を設定し、10月5日より発売した。

「U ユーロスポーツエディション」はヴィッツ「U」をベースに、1.3リッターVVT-iガソリンエンジン(2NZ-FE)を搭載したモデル。操縦性・走行安定性を重点に置いた「ユーロチューンドサスペンション」を装着している。トランスミッションは5段マニュアルと電子制御4段オートマチック「Super ECT」の2種類。外板色は専用のブラックマイカを含む4色が設定されている。価格は3ドアモデルの128.8万円(5MT)からとなる。

「クラヴィア」も「U」をベースに1.3リッターVVT-iガソリンエンジンを搭載している。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動の2種類が用意されている。外観上の特徴は、メッキ処理を施した新意匠の専用フロントグリル、クロム調モールを配したフロントバンパー、サイドプロテクトモール、リアバンパーなどがあげられる。外板色は専用のダークグリーンマイカ、レッドマイカメタリックを含む全4色。内装面では、専用のスエード調ファブリックシート表皮/ドアトリム表皮、グレー木目調パワーウィンドウスィッチベース、シフトレバーベゼルが採用されている。価格は3ドア2駆モデルの125.3万円(5MT)からとなる。

「U ユーロスポーツエディション」「クラヴィア」は、4輪駆動車を除く全車で平成22年新燃費基準をクリア、また平成12年排出ガス規制にも適合しているという。

トヨタ自動車「ヴィッツ U ユーロスポーツエディション」「クラヴィア」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Vitz/index-n.html

ちなみに「クラヴィア」とはラテン語で「鍵」をあらわすclavisの造語だそうです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る