トヨタ、ヴィッツに新しい2グレードを追加

1999.10.22 自動車ニュース
 
 
991022_047.gif

トヨタ、ヴィッツに新しい2グレードを追加(10/22)

トヨタ自動車は、ヴィッツに2つの新グレード「U ユーロスポーツエディション」「クラヴィア」を設定し、10月5日より発売した。

「U ユーロスポーツエディション」はヴィッツ「U」をベースに、1.3リッターVVT-iガソリンエンジン(2NZ-FE)を搭載したモデル。操縦性・走行安定性を重点に置いた「ユーロチューンドサスペンション」を装着している。トランスミッションは5段マニュアルと電子制御4段オートマチック「Super ECT」の2種類。外板色は専用のブラックマイカを含む4色が設定されている。価格は3ドアモデルの128.8万円(5MT)からとなる。

「クラヴィア」も「U」をベースに1.3リッターVVT-iガソリンエンジンを搭載している。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動の2種類が用意されている。外観上の特徴は、メッキ処理を施した新意匠の専用フロントグリル、クロム調モールを配したフロントバンパー、サイドプロテクトモール、リアバンパーなどがあげられる。外板色は専用のダークグリーンマイカ、レッドマイカメタリックを含む全4色。内装面では、専用のスエード調ファブリックシート表皮/ドアトリム表皮、グレー木目調パワーウィンドウスィッチベース、シフトレバーベゼルが採用されている。価格は3ドア2駆モデルの125.3万円(5MT)からとなる。

「U ユーロスポーツエディション」「クラヴィア」は、4輪駆動車を除く全車で平成22年新燃費基準をクリア、また平成12年排出ガス規制にも適合しているという。

トヨタ自動車「ヴィッツ U ユーロスポーツエディション」「クラヴィア」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Vitz/index-n.html

ちなみに「クラヴィア」とはラテン語で「鍵」をあらわすclavisの造語だそうです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る