ヤナセ、キャディラック2000年モデルを発表

1999.10.25 自動車ニュース
 
 
991025_049.gif

ヤナセ、キャディラック2000年モデルを発表(10/25)

ヤナセが、キャディラック2000年モデルのラインナップと価格を10月20日に発表した。

今回発表されるのは、「セビル」2モデルと「コンコース」の後継としてフルモデルチェンジした「ドゥビルDHC」の合計3モデル。

「セビル」2000年モデルの主な変更点は、ベースモデル「セビルSLS」の輸入が中止され、「セビルSLS」 E仕様の名称が「SLS」になったことと、上級モデル「セビルSTS」のロードセンシング・サスペンションが2世代目に進化したこと。その進化とは、今まで各タイヤの上下動や車速とステアリングの角度に加え、ステアリング操作の速さの情報をもとに、ダンパーの調節を行うことによりロールを抑える、「トランジェントコントロール」が加わったことである。

「ドゥビルDHC」は「コンコース」の後継車としてフルモデルチェンジされたプレミアム・ラグジュアリーカー。「コンコース」よりひとまわり小さくなったボディサイズは、全長×全幅×全高=5260×1900×1440mm。ホイールベースは2930mm。

2000年モデルで大幅変更された4.6リッターV8エンジンは全モデル共通、従来通りの出力、トルクを保ちながら、クリーンな排ガスにすることに成功した。また、アクティブ・セイフティ機構であるスタビリティトラックも新しくなった。従来の横滑りを感知し、前輪のいずれかにブレーキをかけて車体がスピンするのを防ぐシステムに加え、ラテラルセンサーの情報をもとに、4輪すべてが横滑りした場合、これを感知し、左右前輪にブレーキをかけて減速させるサイドスリップ比例制御機能が加わったというのが、その内容である。

価格は「セビルSTS」が652.0万円、「セビルSLS」が596.0万円、「ドゥビルDHC」が699.0万円となる。

米国で行われた「ドゥビル」の試乗会には、弊社編集局長大川悠が参加しました。試乗記は10月26日発売「NAVI99年12月号」に掲載されています。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
セビルキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る