「メルセデスベンツEクラス」「CLK」がマイナーチェンジ

1999.10.25 自動車ニュース
 
 
991025_050.gif

「メルセデスベンツEクラス」「CLK」がマイナーチェンジ(10/25)

ダイムラー・クライスラー日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」と「CLK」をマイナーチェンジ・モデルを10月18日より発売した。

「Eクラス」はフロントノーズが低くなり、スポーティ感が高められるとともにフロント/リアバンパー、ドアシルカバー、リアコンビネーションランプ、アルミホイールのデザインが一新、ウィンカー内蔵型のドアミラーの採用などが外観の変更点である。

「CLK」もドアシルカバーのボディ同色化、ウィンカー内蔵型のドアミラー採用、内装はウッドパネルの材質やシートデザインが変更され、スポーティなイメージが強められている。

両車とも、ティップシフト機構付き5AT、マルチファンクション・ステアリングが標準装備され、安全面ではESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が標準(E430、4MATICモデルは既装備)で備わることになった。また、緊急時の通報システムであるE-callシステムも新たにオプション設定されている。

販売店への配車開始は「Eクラス」が11月下旬、「CLK」は12月上旬となる。

「Eクラス」は95年の発売以来、今年6月で世界累計販売100万台を達成、絶好調はニッポンの不況下でも変わらず、ベンツ・ブランドの登録台数は前年比で約35%増というから驚きです。しかし、路上で数多くのベンツを見かけるほど「スリー・ポインテッド・スター」の威光が薄まっていくような気がするのは私だけでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
ホームへ戻る