トヨタ、「サーフ」「ランクル」の雪上車を発売

1999.10.28 自動車ニュース
 
 
991028_053.gif

トヨタ、「サーフ」「ランクル」の雪上車を発売(10/28)

トヨタ自動車は、雪上走行用の「クローラー特装車」を「ハイラックスサーフ」「ランドクルーザープラド」に設定、11月1日より発売する。

このクローラー車は、タイヤの代わりにゴムベルトを装着した3角形状の「クローラーユニット」を備えた車輛。タイヤと比べて路面との設置面積が広く、積雪状態の路面でも車の沈み込みが抑えられるというのが特徴とされる。クローラーを取り外しタイヤを装着すれば、通常車輛としても走行可能だ。

ベース車からの変更は、クローラーユニットの車体からの突出を防ぐビッグオーバーフェンダーおよびプロテクター、クローラーユニット装着時とタイヤ装着時のスピードメーター表示を切り替えるスイッチの装備などが行われている。「サーフ」「ランクル」とも、3.4リッターのV6ガソリンエンジンを搭載。最高出力は185馬力、最大トルクが30.0kgmだ。トランスミッションは電子制御4段オートマチックとなる。

価格は、「ハイラックスサーフクローラー」(5名乗)が465.7万円、「ランドクルーザープラドクローラー」(8名乗)が524.0万円となる。

このクルマ、一般的な雪上車と違い特殊免許が必要ないため、普通免許保持者なら誰でも運転できるそうです。といっても、多くの方にはあまりご縁のないクルマなんですが。タイヤに交換して一般車としても使えるそうですが、この重そうなクローラー、どうやって付けたり取ったり出来るんですかね。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
ホームへ戻る