【スペック】全長×全幅×全高=3915×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.5リッター直列4気筒SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.7kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=196万円(テスト車=226万2500円/Honda HDDインターナビ+リンクアップフリー=25万円/Hondaスマートキーシステム=5万2500円)

ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】

トッピングは走り 2012.07.19 試乗記 ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/CVT)
……226万2500円

ホンダの「フィット」シリーズに、ハイブリッドスポーツ「CR-Z」と共通のパワーユニットを持つ新グレードが誕生。その走りを、CVTモデルで試した。

フィットの中で最高峰

「かおりムシューダ」という不思議な商品がある。「ムシューダ」は“無臭だ”をもじったダジャレ型ネーミングで、ナフタリン臭くないことが売りの防虫剤だ。せっかく苦労して無臭にしたのに、わざわざせっけんや花の香りをつけた。二度手間かけて、ひと回りしたことになる。これが大ヒットした。

「フィットハイブリッドRS」という名前を聞いて、これを思い出してしまったのだ。燃費とエコを看板にしたハイブリッドに、スポーティーモデルであることを示す“RS”の名を付与している。一つの名前の中にホコタテ両方が入ってしまったようにも思えて、違和感が拭えない。いったいどちらを向いているのか。

2012年5月に行われたマイナーチェンジで、このモデルが追加された。ハイブリッドでは、RS以外にも「XH」と「She's」が加わっている。XHはゴージャス版だ。内外装で高級感を演出し、防音材をおごることで静粛性も向上させているそうだ。She'sは女性の開発陣が女性のためにプロデュースしたオシャレ仕様という触れ込みである。そして、RSは「上質・洗練・先進×操る歓び」がコンセプトになっている。196万円という価格はシリーズ中最高で、フィットの中で一番上のグレードという位置づけになる。

フィットの中でハイブリッドモデルの販売比率が増えていることで、バリエーションを増やす必要があったのだ。RSは女性仕様モデルと同様の理由で追加されたわけで、よく考えればこれは自然な商品戦略なのである。

ハイブリッドモデルでありながら、スポーティーなキャラクターも併せ持つ「フィットハイブリッドRS」。象徴となるエンブレムも、ダブルで与えられる。
ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/CVT)【短評】
オレンジステッチ入りの本革巻きステアリングホイールやガンメタリックのパネル類などが配されるインテリア。ガソリン車の「RS」と共通のスポーティーなテイストでまとめられる。
ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/CVT)【短評】
「フィットハイブリッドRS」の燃費(JC08モード)は、CVT車が22.2km/リッターで6MT車が20.0km/リッター。ちなみに、1.3リッターガソリンエンジンを電気モーターがサポートする「フィットハイブリッド」(CVTのみ)は、26.4km/リッターを記録する。
ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る