プジョー206GT限定50台を抽選販売

1999.11.04 自動車ニュース
 
 
991104_006.gif

プジョー206GT限定50台を抽選販売(11/4)

特別限定モデル「206GT」の抽選販売の申し込み開始は、11月6日(土)から。

インチケープ・プジョー・ジャパンは、プジョー206の特別限定モデルである「206GT」を50台限定で輸入。稀少モデルのため、11月6日(土)、11月7日(日)のディーラーフェアより9日間に限って、全国の正規代理店販売網「ブルーライオンネットワーク」で抽選販売を行う。

「プジョー206GT」は、1999年よりスポット参戦を開始したWRC(世界ラリー選手権)において、参加車両に課せられる「2500台以上の販売を行った車両」という規定をクリアするために、4000台のみ生産される特別限定モデル。

206S16をベースに、前後エプロンバンパーを大型化。専用の16インチアルミホイール、アルミ製フューエルキャップ、専用シルバーメーターなどの特別装備を特徴としている。さらに限定モデルの証としてサイドセンターピラーにシリアル番号が刻印されたメタルプレートが装着される。

206S16同様、2リッター16バルブエンジンを搭載した3ドアハッチバックボディで、トランスミッションは5MT、左ハンドルのみとなる。ボディはプラチナグレーの1色。6連奏CDチェンジャーも標準装備で、価格は305万円。

販売にあたっては、11月6日(土)から「ブルーライオンネットワーク」で抽選の申し込み用紙を配布。同月14日までの受付とし、19日に抽選会を行い、当選者には最寄りのディーラーより直接連絡がなされる。

「プジョー206GT」のサイト:
http://www.peugeot.co.jp/event/index.html

今年5月の第6戦、トゥール・ド・コルスでデビューした「206WRC」は、15年ぶりのプジョー、カムバックということもあり話題を呼びました。「206GT」と「206S16」との価格差はなんと60万円。限定とはいえ、ちょっと高いか?(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る