プジョー206GT限定50台を抽選販売

1999.11.04 自動車ニュース
 
 
991104_006.gif

プジョー206GT限定50台を抽選販売(11/4)

特別限定モデル「206GT」の抽選販売の申し込み開始は、11月6日(土)から。

インチケープ・プジョー・ジャパンは、プジョー206の特別限定モデルである「206GT」を50台限定で輸入。稀少モデルのため、11月6日(土)、11月7日(日)のディーラーフェアより9日間に限って、全国の正規代理店販売網「ブルーライオンネットワーク」で抽選販売を行う。

「プジョー206GT」は、1999年よりスポット参戦を開始したWRC(世界ラリー選手権)において、参加車両に課せられる「2500台以上の販売を行った車両」という規定をクリアするために、4000台のみ生産される特別限定モデル。

206S16をベースに、前後エプロンバンパーを大型化。専用の16インチアルミホイール、アルミ製フューエルキャップ、専用シルバーメーターなどの特別装備を特徴としている。さらに限定モデルの証としてサイドセンターピラーにシリアル番号が刻印されたメタルプレートが装着される。

206S16同様、2リッター16バルブエンジンを搭載した3ドアハッチバックボディで、トランスミッションは5MT、左ハンドルのみとなる。ボディはプラチナグレーの1色。6連奏CDチェンジャーも標準装備で、価格は305万円。

販売にあたっては、11月6日(土)から「ブルーライオンネットワーク」で抽選の申し込み用紙を配布。同月14日までの受付とし、19日に抽選会を行い、当選者には最寄りのディーラーより直接連絡がなされる。

「プジョー206GT」のサイト:
http://www.peugeot.co.jp/event/index.html

今年5月の第6戦、トゥール・ド・コルスでデビューした「206WRC」は、15年ぶりのプジョー、カムバックということもあり話題を呼びました。「206GT」と「206S16」との価格差はなんと60万円。限定とはいえ、ちょっと高いか?(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る