アウディA3 1.8ターボクワトロに乗る

1999.11.04 自動車ニュース
 
 
991104_007.gif

アウディA3 1.8ターボクワトロに乗る(11/4)

アウディが新たに発表した3ドアハッチバック・クーペの高性能版「A31.8TQ」の特急インプレッション。

目新しいカタチではありませんが、よくまとまったデザインで好きです、このクルマ。走り出して最初に感じたのは、エンジンがとてもよく回ることです。

TTからすぐ乗り換えたので、安らぎを感じました。乗り心地はいいし、フラットなトルク特性をもつエンジンは、とても扱いやすい。

低速トルクが太いのがいいですね。高回転を維持し続けなくても、箱根の山道をそこそこ速く走ることができます。

マニュアルトランスミッションはTTの6速に対して5速。特に1,2がワイドレシオになっているので、ガスペダルを踏み込めば、十分な加速を味わうことができます。

でも、TTに比べるとさすがにロール剛性は低い。

確かに、TTよりも限界性能は低いですね。リアのサスペンションは横剛性が高くフラフラすることはないのですが、ストロークが深くなると、伸び側の設置性が悪くなって少々不安な印象があります。

TTより100万円も安いのが魅力です。コンパクトなボディ、扱いやすいエンジン、走行安定性に優れたクワトロシステムの3拍子は、サーッキト走行には興味がないけれど、たまには箱根を飛ばしたいという人には、うってつけではないでしょうか。

特別注文色も新たに設定されました。マヤイエローメタリックなんか素敵だと思います。

松本英雄

あらい(WebCG編集部)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る