スズキ、「ワゴンR福祉車両」を改良し発売

1999.11.08 自動車ニュース
 
 
991108_014.gif

スズキ、「ワゴンR福祉車両」を改良し発売(11/8)

スズキは、軽自動車「ワゴンR」の福祉車両「車椅子送迎車」を一部改良し、11月4日より発売した。

「ワゴンR車椅子送迎車」は、バックドアを開けリアバンパーに組みこまれたスロープを引き出すことで、車椅子に座ったままスムーズな乗降が出来る福祉車両。車椅子をベルトで固定し、専用シートベルトを装着すれば車椅子に座ったままで移動が可能となる。今回の改良で、一般の車椅子のほか、スズキの電動四輪車「スズキセニアカーET‐4A」にも対応するようになった。

価格は搭載車両を手動で固定するタイプで169.8万円、電動固定式で183.8万円となる。

高齢化社会を迎えるにあたって福祉車両は重要な存在になってきます。そのことを各メーカーも十分理解しているようで、多くのカタログには福祉車両のコーナーがもうけられています。クルマの社会性をかんがみれば当然の流れですが、こと認知度に関してはまだまだではないだろうか。そう思い、ニュースに取り上げてみました。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る