アウディ「S4アバント」に乗る

1999.11.09 自動車ニュース
 
 
991109_018.gif

アウディ「S4アバント」に乗る(11/9)

アウディジャパンが10月14日に発売した「S4アバント」に試乗した。265馬力エンジンに4WDシステム搭載の高性能スポーツワゴンだ。価格も744.0万円と超ド級。

「アウディS4アバント」は、専用の2.7リッターV型6気筒DOHC5バルブエンジンをもち、各バンクにレスポンスにすぐれた小型ターボチャージャーを装着、最高出力は265psを発生する。さらにフルタイム4WDのクワトロシステムと、6段マニュアルギアボックスが採用されている。


高性能ワゴンというのは1980年代からアウディのお家芸みたいなものですね。最近ではA4の先代にあたる80アバントにもRSというホッテストバージョンが設定されていました。「ポルシェ」の刻印が入った真っ赤なブレーキキャリパーがカッコよかったですね。

あれはボクも欲しかった! ポルシェが自分たちが欲しいワゴンというコンセプトで、エンジンや足まわりも手がけた、というのがよかったんです。

しかしそんなことを知らないひとには、S4アバントといっても、レガシィの二番煎じと思われちゃうかもしれません。

乗ってみると、シャシーはレガシィ以上の剛性感です。これがこのクルマの最大の魅力です。サスペンションの設定はかなり固めですが、にもかかわらず、ボディがよじれることがないので、乗員は不安感も不快感もおぼえません。

ボクはエンジンとハンドリングに感銘をうけました。スムーズに上まで回る快感があるのと、とくに高速コーナーでは思ったとおりのラインをトレースしてくれる正確さは、すばらしいのひと言ですね。ただ乗り心地はよくないです。

スプリングとダンパーが固めになっているせいですね。「S4アバント」の場合、ダンパーの減衰力、それも伸び側がちょっと弱いんですね。それでややおさまりが悪いと感じられるんです。しかし前後スタビライザーのロール剛性はこのクルマに最適なものを使っているので、おかげでハンドリングはほとんどニュートラルになっています。

ただ、このご時世で、環境問題が声高に叫ばれているときに、こんな能天気なクルマでいいのだろうか、という疑問も出ますが。アウディ自身、直噴ディーゼルエンジンとか軽量化アルミボディのA2とか、新しい時代へ向けたテクノロジーを喧伝しているというのに、ね。

アウディはいま日本では、スポーティなイメージを定着させようとしているんですね。だからTTとかSシリーズとかに力を入れているんでしょう。しかしこのことを別の方向から見れば、いまのアウディはほぼ無色透明なのだから、いっそのこと、一足飛びに環境適合性の高いメーカー、と自社を位置づけるようなプロモーションを採用してもよかったのかもしれません。でもまあ、「S4アバント」のような金のかかったクルマ、日本のメーカーでは作れないだろうから、感心しました。

松本英雄

小川フミオ(NAVI編集部)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る