オペル・ザフィーラ、「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」受賞

1999.11.15 自動車ニュース
991115_027.gif

オペル・ザフィーラ、「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」受賞(11/15)

欧州の有力日曜新聞において、オペルのミニバン「ザフィーラ」が1999年度の「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」を受賞した。

ドイツのハンブルグ市に本社を置く「ビルト・アム・ゾンターク紙」(発行部数:264万7000部/週)は、ドイツ国内で1998年11月11日から1999年11月10日までに発表された、国産車、輸入車計21車種を対象とした「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」をもうけている。

この賞は、スモール、ミディアム、アッパー・ミディアム、ミニバンの4部門で、「デザイン」、「インテリア/ハンドリング」、「室内スペース/荷室容量」、「エンジン/トランスミッション」、「安全性」、「燃費/環境」、「快適性」といった評価項目をもとに、28名の審査員が最も優れた車種を選定し、表彰するというもの。

今回、ドイツ車としては唯一「オペル・ザフィーラ」が選ばれた。

ザフィーラが「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」なるものを受賞したというリリースを見て、ミニバンとは思えないキビキビとしたハンドリング性能に感心したポルトガルの国際試乗会を思い出しました。現地で確認したところ、サスペンション・チューニングに関しては、ポルシェのエンジニアリング・スタッフと共同で行ったとのこと。フレックス・セブン”と名付けられたシート・アレンジメントが魅力の「ザフィーラ」。来春の日本上陸が楽しみです。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。