トヨタ・ヤリス、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞

1999.11.17 自動車ニュース
 
 
991117_032.gif

トヨタ・ヤリス、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞(11/17)

トヨタのリッター・カー、「ヤリス(=日本名ヴィッツ)」が、欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

11月16日、ヨーロッパ21カ国の自動車ジャーナリストにより構成される「欧州カー・オブ・ザ・イヤー選考委員会」は、「第37回ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」にトヨタ・ヤリス(=日本名ヴィッツ)を選んだ、と発表した。

日本車としては、1993年の日産マイクラ(=日本名マーチ)以来、7年ぶり2度目の受賞となる。

全長3.6メートルという短いボディながら、身長190cm級の大人4人が長時間移動しても苦痛を覚えないパッケージング、また、全高1.5メートルというトールなボディながら、Cd0.3という優れた空力特性により、1リッターあたり20kmを超える低燃費を実現したことが、選考の大きなポイントとなったという。

トヨタ・ヤリスは、95年2月、トヨタ自動車で同車の開発が決定されたとき、1.2リッター以下の排気量のクルマが全体の3分の2を占めるヨーロッパで、堂々たるたたかいを挑むものとして定義されたトヨタ入魂の小型車です。また、2001年に開業予定のトヨタのフランス工場は、ヤリスを年間10万台生産する予定なので、トヨタ自動車としては「日本カー・オブ・ザ・イヤー」よりも欲しかった賞と言えるのではないでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る