トヨタ・ヤリス、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞

1999.11.17 自動車ニュース
 
 
991117_032.gif

トヨタ・ヤリス、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞(11/17)

トヨタのリッター・カー、「ヤリス(=日本名ヴィッツ)」が、欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

11月16日、ヨーロッパ21カ国の自動車ジャーナリストにより構成される「欧州カー・オブ・ザ・イヤー選考委員会」は、「第37回ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」にトヨタ・ヤリス(=日本名ヴィッツ)を選んだ、と発表した。

日本車としては、1993年の日産マイクラ(=日本名マーチ)以来、7年ぶり2度目の受賞となる。

全長3.6メートルという短いボディながら、身長190cm級の大人4人が長時間移動しても苦痛を覚えないパッケージング、また、全高1.5メートルというトールなボディながら、Cd0.3という優れた空力特性により、1リッターあたり20kmを超える低燃費を実現したことが、選考の大きなポイントとなったという。

トヨタ・ヤリスは、95年2月、トヨタ自動車で同車の開発が決定されたとき、1.2リッター以下の排気量のクルマが全体の3分の2を占めるヨーロッパで、堂々たるたたかいを挑むものとして定義されたトヨタ入魂の小型車です。また、2001年に開業予定のトヨタのフランス工場は、ヤリスを年間10万台生産する予定なので、トヨタ自動車としては「日本カー・オブ・ザ・イヤー」よりも欲しかった賞と言えるのではないでしょうか。(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る