トヨタ・ヤリス、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞

1999.11.17 自動車ニュース
 
 
991117_032.gif

トヨタ・ヤリス、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞(11/17)

トヨタのリッター・カー、「ヤリス(=日本名ヴィッツ)」が、欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

11月16日、ヨーロッパ21カ国の自動車ジャーナリストにより構成される「欧州カー・オブ・ザ・イヤー選考委員会」は、「第37回ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」にトヨタ・ヤリス(=日本名ヴィッツ)を選んだ、と発表した。

日本車としては、1993年の日産マイクラ(=日本名マーチ)以来、7年ぶり2度目の受賞となる。

全長3.6メートルという短いボディながら、身長190cm級の大人4人が長時間移動しても苦痛を覚えないパッケージング、また、全高1.5メートルというトールなボディながら、Cd0.3という優れた空力特性により、1リッターあたり20kmを超える低燃費を実現したことが、選考の大きなポイントとなったという。

トヨタ・ヤリスは、95年2月、トヨタ自動車で同車の開発が決定されたとき、1.2リッター以下の排気量のクルマが全体の3分の2を占めるヨーロッパで、堂々たるたたかいを挑むものとして定義されたトヨタ入魂の小型車です。また、2001年に開業予定のトヨタのフランス工場は、ヤリスを年間10万台生産する予定なので、トヨタ自動車としては「日本カー・オブ・ザ・イヤー」よりも欲しかった賞と言えるのではないでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る