BMW3シリーズに「M-Sport」が追加設定

1999.11.19 自動車ニュース
991119_037.gif

BMW3シリーズに「M-Sport」が追加設定(11/19)

BMWは、12月1日より3シリーズのスポーティモデル「M-Sport」を販売する。

「M−Sport」は、BMW M社(BMWの子会社)で開発されたパーツを組み込んだスポーツ・モデル。フロント・スボイラー、サイド/リア・スカートなどで外観を精悍にするとともに、スポーツ・サスペンションなどの装備で「駆けぬける歓び」が更に強調されている。

現行のラインナップでは、318ti、5シリーズ、7シリーズに「M-Sport」が設定されているが、今回3シリーズにも追加されたことにより、BMWサルーン全シリーズに「M-Sportが設定されたことになる。

通常の3シリーズ・セダンに対し、追加となる装備は、
ダブル・スポーク・スタイル・アロイホイール、7.5J×17(フロント)、8.5J×17(リア)
225/45R17(フロント)、245/40R17(リア)タイヤ
ホワイト・ターン・インジケーター・レンズ
ハイ・グロス・シャドー・ライン
ブラック・ルーフ・ライニング
フロント・スボイラー、サイド・スカート、リア・スカート
スポーツ・サスペンション
スポーツ・ステアリング・ホイール
スポーツ・シート(323i、 328i「M-Sport」は電動調節式)
カーボン調インテリア・パネル
レーザー・クロス/アルカンタラ・インテリア

価格は318i 「M-Sport」が408万円(MTは398万円)、320i 「M-Sport」が453万円、323i 「M-Sport」が503万円、328i 「M-Sport」が550万円。

「E46」型の3シリーズセダンのシルエット自体がボテッとしたものだからでしょうか、写真で見る限り、あまりスポーティな印象を受けませんでした。フロント・スポイラーをフランクフルト・モーターショーで発表された「M3」のようなものにして欲しかったなあ。(Web CGあらい)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る