アウディ、「TT」のサスペンション対策を発表

1999.11.26 自動車ニュース
 
 
991126_046.gif

アウディ、「TT」のサスペンション対策を発表(11/26)

11月25日、アウディジャパンは「アウディTT」の横転問題に対し、改良された部品および追加部品の取り付けを無償で行う、と発表した。

ドイツのニュースグラビア誌「シュテルン」や自動車雑誌「アウトモトール・ウント・シュポルト」より指摘された、アウディTTの高速走行時におけるハンドリング特性の疑念に対し、アウディAGは自主的な対策を10月7日に発表した。

11月25日に発表されたアウディジャパンの対策は、これを受けたものである。

実施される対策は、TTのサスペンションとエアロダイナミック・パフォーマンスの両方に対するもの。TTクーペ1.8Tクワトロのフロントとリヤ・サスペンションには、改良されたスタビライザーが取り付けられる。これに伴い、フロントとリヤにより硬めのダンパー設定と共に、改良されたウィッシュボーンがフロントに装着される。サスペンションに対するこのような改良に加え、リヤ・スポイラーも装備されることになった。

改良したサスペンション設定とリヤ・スポイラーにより、TTは優れた軽快性を保つと同時に、限界挙動到達前の状況が、より早めに予測されるという。その結果、ドライバーは、限界時において車両のコントロールを容易に維持することができる。

これらの対策は、12月からの生産車に導入の予定で、対策後の車両の日本市場でのデリバリーは、2000年2月以降となる。

また、すでにTTを購入されたオーナーには、改良された部品および追加部品の取り付けを無償で行う。日本市場における対策は、必要なパーツが入手出来次第、オーナーに連絡の上、全国のアウディ正規ディーラーにおいて直ちに実施される。

「アウディTT」の横転疑惑については、10月13日付けのニュースでお伝えしましたが、本日、アウディジャパンより正式な対策が発表されました。ただし、この問題が生じる可能性があるのは日本の法定速度を大幅に超過した場合なので、リア・スポイラーを付けたくない人はいると思います。ということは、羽根なしはレア物ってことになるわけでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
TTクーペアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編) 2017.8.17 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「アウディS5クーペ」に試乗する。クーペにとって大事なのは走りか、それともスタイリングか? 谷口が自身のクーペ論を展開する!
ホームへ戻る