アウディ、「TT」のサスペンション対策を発表

1999.11.26 自動車ニュース
 
 
991126_046.gif

アウディ、「TT」のサスペンション対策を発表(11/26)

11月25日、アウディジャパンは「アウディTT」の横転問題に対し、改良された部品および追加部品の取り付けを無償で行う、と発表した。

ドイツのニュースグラビア誌「シュテルン」や自動車雑誌「アウトモトール・ウント・シュポルト」より指摘された、アウディTTの高速走行時におけるハンドリング特性の疑念に対し、アウディAGは自主的な対策を10月7日に発表した。

11月25日に発表されたアウディジャパンの対策は、これを受けたものである。

実施される対策は、TTのサスペンションとエアロダイナミック・パフォーマンスの両方に対するもの。TTクーペ1.8Tクワトロのフロントとリヤ・サスペンションには、改良されたスタビライザーが取り付けられる。これに伴い、フロントとリヤにより硬めのダンパー設定と共に、改良されたウィッシュボーンがフロントに装着される。サスペンションに対するこのような改良に加え、リヤ・スポイラーも装備されることになった。

改良したサスペンション設定とリヤ・スポイラーにより、TTは優れた軽快性を保つと同時に、限界挙動到達前の状況が、より早めに予測されるという。その結果、ドライバーは、限界時において車両のコントロールを容易に維持することができる。

これらの対策は、12月からの生産車に導入の予定で、対策後の車両の日本市場でのデリバリーは、2000年2月以降となる。

また、すでにTTを購入されたオーナーには、改良された部品および追加部品の取り付けを無償で行う。日本市場における対策は、必要なパーツが入手出来次第、オーナーに連絡の上、全国のアウディ正規ディーラーにおいて直ちに実施される。

「アウディTT」の横転疑惑については、10月13日付けのニュースでお伝えしましたが、本日、アウディジャパンより正式な対策が発表されました。ただし、この問題が生じる可能性があるのは日本の法定速度を大幅に超過した場合なので、リア・スポイラーを付けたくない人はいると思います。ということは、羽根なしはレア物ってことになるわけでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
TTクーペアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> そのクルマの真の姿を知りたければグランドツーリングに出てみるといい。優雅なだけでなく、高い実用性をも備えた「アウディA5スポーツバック」は、もっと雄弁にアウディの実力を知らしめてくるはずだから。美しさは機能に従うのだ、と言わんばかりに!
ホームへ戻る